HOMEビジネス 電車通勤の3つのメリットは「発見・時間・アイディア」

電車通勤の3つのメリットは「発見・時間・アイディア」

Toshiaki Arai

2014/01/10(最終更新日:2014/01/10)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014010915039954.png"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 電車、徒歩、自転車、バス、車、会社に行くまでの通勤方法には様々な方法があります。それぞれの方法にメリット・デメリットがありますが、今回は電車通勤について考えて聞きたいと思います。","type":"text"},{"post":"1. 電車の中には様々な発見がある","type":"text_header_1"},{"post":" 徒歩や自転車、車での通勤だ周りの景色や人々を観察することはほとんどありません。その点電車通勤ですと、人々の身につけているものや行動、中吊りの広告に自然と目が向きます。会社の中で一日のほとんどの時間を過ごす人にとってこれらを観察することは世の中の動向やトレンドを発見することができる貴重な場となります。","type":"text"},{"post":"2. 通勤時間のブレがほとんどない","type":"text_header_1"},{"post":" 二つ目の電車通勤のメリットとしては、電車に乗っている時間がほぼ一定だということです。車通勤の場合道路状況によって通勤時間は大きく左右されます。","type":"text"},{"post":" また、ラッシュ時は厳しいですが、座席に座ることができれば何かしらの作業をすることができます。読書をしたり、スマートフォンでメールをチェックしたり、ニュースを呼んだりするのもよいでしょう。電車の中での行動をルーティーン化することができれば、毎日スムーズにその日の仕事を始めることができます。","type":"text"},{"post":" 電車内での勉強もおすすめです。電車に乗っている時間が20分だとして、行きと帰りの時間を語学学習に当てたとします。その場合1週間で3時間強、1ヶ月では13時間ほど勉強時間を確保することができます。特に暗記物は長時間集中するよりも、短時間も勉強を継続した方が効率的ですので、電車内での勉強には良いでしょう。","type":"text"},{"post":"3. 移動時間にアイディアが生まれる","type":"text_header_1"},{"post":" この「移動時簡にアイディアが生まれる」というメリットはあまり聞いたことがないかもしれません。徒歩、自転車、車通勤の場合、歩行者や信号などの交通情報に大して常に気を使わなければいけないため、頭の中はそれらに集中してしまいます。電車通勤であればそのような交通情報などに気を使うことなく目的地に到着できます。この間、時間の使い方はその人の自由です。電車の中で考え事をする人も多いですが、時間の制約がある状況下での考え事は非常に効率的です。なので、電車の中で思いがけないアイディアが生まれるということも少なくありません。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 以上、電車通勤のメリットを挙げてきました。改めて言われると「確かにそうかも」と思えることも多いかと思います。是非電車通勤の時間を有効に使ってみましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード