HOMEビジネス 【基本の営業メール術】メールで自分を売り込む方法

【基本の営業メール術】メールで自分を売り込む方法

Kaori Mizumoto

2014/01/10(最終更新日:2014/01/10)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014010900533427.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 仕事においての営業のメール。非常に多くの営業のシチュエーションでメールを使いますよね。どの様なメールを用いた営業での売り込み方が有るのでしょうか?又どういう送り方がお客様により効果的なのでしょうか?本当に様々なメールでの売り込み方有ると思います。そのなかで的を絞り3つの項目でご紹介しております。ご参考にして頂ければ幸いです。ご一読下さいませ。","type":"text"},{"post":"1.添付資料を駆使しようu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" メールの本文だけなら基本はだれでも作る事ができます。小学生の子供でも言葉使いを気にしなくていいならメールは打てます。しかし、メールより電話の方が意志疎通しやすいしお客様は煩わしくないのでいいですよね。でもなぜ敢えて今ここでメールでの売り込みなのか?色々有りますが、まず添付資料などつけれるからです。ムービーも添付して送れます。リンク先も送れます。又いそがしい時に何度も何度もストーカーのように電話かけられても嫌ですよね。それがメールだとスムーズに内容が伝わりやすいです。営業はメールでも売り込みをしないといけません。自分のイラストを添付したり、自分がどういう人物で有るかなどプロフィールを送り、お客様を安心させたり、しないといけません。そうすることでより、営業での売り込みがスムーズに出来るようになるのです。これが第一のポイントです。","type":"text"},{"post":"2.言葉使いにきをつけるu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" 言葉使い。基本中の基本ですね。どんなにいい添付資料でも言葉使いが悪く、不信感や苛立ちを覚えさせては全く意味が有りません。逆効果になります。特に会って話せる訳でもないし、メールは文章だけと味気ないものです。相手の反応もわからないものです。よっぽどちゃんとした言葉を使わないと営業での売り込みにならないのでメールは本当に気をつけてください。ただメールを返してくれるお客様は成約しやすい方も多いので頑張って下さい。nこれが第二のポイントになります。","type":"text"},{"post":"3.メール送る時は相手のアドレスに注意しましょうu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" メールでの営業で最大限アピールしようとしても携帯のアドレスで見れなかったりすればお客様に失礼に当たりますので、相手のアドレスを注意して確認する必要性が有ります。せっかくいい資料送っても、見れない上に、気が使えない人と思われてマイナス要因nになってしまいます。nしっかり添付資料など送れるパソコンのアドレスに添付資料は送りましょう。nそして携帯などは添付資料送らず文章で簡潔に送りましょう。nこれが第三のポイントです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" メールは最近非常に増えているコミュニケーションツールのひとつです。メールを制するnものは営業を制する。といっても過言でない位今の現代社会の営業の場で非常に増えています。n最大限このメールのコミュニケーションツール把握し、いい営業成績残していけるよう頑張っていきましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード