HOMEビジネス 【営業マン必見】スーツの選び方と着こなし術

【営業マン必見】スーツの選び方と着こなし術

Ryu

2014/01/08(最終更新日:2014/01/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014010714467182.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E スーツは営業マンの戦闘服。ここでは、営業マンにおすすめのスーツ選び方とその着こなし術をご紹介します。u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"サイジングで大事なのは袖丈","type":"text_header_1"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E 相手に好印象を与えるスーツの選び方で一番大切なポイントは、袖丈の長さです。ちょうどいいスーツの袖丈というのは、u003C/spanu003Eu003Cb style="font-style: inherit; letter-spacing: 0.1em;"u003E両手を自然におろした時にシャツが1.5cm〜2.0cm見えるくらいu003C/bu003Eu003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eが目安とされています。u003C/spanu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 袖丈が短すぎるということはなかなかないと思いますが、袖丈が長い場合は相手に対して鈍くさい印象を与えてしまいます。身振り手振りで話すことが多いでしょうから、袖という部分は一番目につく箇所です。気を配るようにしましょう。","type":"text"},{"post":"シャツの襟元に気を使う","type":"text_header_1"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014010714429083.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E 袖と同じくらい気を配るべきところは、シャツの襟元です。第1ボタンを外して商談をしないということは営業マンの鉄則ですが、ぴったりなシャツだと苦しくなってしまいます。そのため、シャツを買う際は少し襟に余裕があるものを買うことをおすすめします。u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":" シャツは消耗品ですから、何度も着続けて襟がよれよれになってしまいます。少しでもよれてきたら、なるべく早く新しいものに交換するようにしましょう。","type":"text"},{"post":"色はグレーかネイビーを","type":"text_header_1"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E 営業マンにとって重要な事は、相手の信頼感を得て商談を成功させることです。スーツの色で迷う人も多いと思いますが、あまり気合を入れすぎて変わった色・デザインを選ぶ必要はありません。グレーかネイビーなど、無難な色の方がハズレがない分相手に与える印象はマイナスではありません。u003C/spanu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 必要なことは、相手に失礼な印象を与えないことです。営業マンとしてふさわしいスーツの選び方、そして着こなし方ができるよう普段から心がけていきましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード