HOMEビジネス 短い時間でキレイな資料が作成できる!パワーポイントの時短テクニック

短い時間でキレイな資料が作成できる!パワーポイントの時短テクニック

Shingo Hirono

2013/08/23(最終更新日:2013/08/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cdiv class="ResultImageBox"u003Eu003Cdiv class="ResultImage"u003Eu003Cimg src="https://imgs.u-note.me/note/uploadimage/47485954.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"memo"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38404","time":"2013-08-22 09:23:35","post":" プレゼン資料や営業資料などを作る際にパワーポイントを使用しますが、資料を作る時に限って時間がなかったりするものです。「早く資料を片付けてしまいたい!」という方のために早くて見やすい資料を作るパワーポイントの時短テクニックをまとめました。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38405","time":"2013-08-22 09:25:16","post":"u003Ch4u003Eスライドマスタでデザインを一気に設定u003C/h4u003E","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"post":"","type":"memo"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38407","time":"2013-08-22 09:27:36","post":" まずパワーポイントを立ち上げたら既存のテンプレートデザインを適用してから、スライドマスタを起動しましょう。そして好きな配置を「デザイン」タブから選びます。この時、配色は気にせず読みやすそうなものを選びましょう。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38408","time":"2013-08-22 09:29:01","post":" 表紙のスライドのデザインと2枚目以降のスライドのデザインが異なる場合があるので、すべてのページでデザインを確認するようにしておきましょう。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38413","time":"2013-08-22 09:30:14","post":" 資料の配色を変えたいと思った時は「デザイン」タブの「配色」ボタンで、資料のテーマに沿った配色にすることができます。「資料の形はいいけど色がちょっと・・・nn」と思う場合は、配色を変えてみるのも良いでしょう。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38414","time":"2013-08-22 09:31:01","post":" その際に、表やグラフはテーマの色に合わせ、極力設定を変えないことが大切です。「配色」を設定しておくと、その配色に合った色で表やグラフが自動的に表示されるようになります。デザインに凝るのでなければ、そのまま使うのがベストです。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38415","time":"2013-08-22 09:31:23","post":"u003Ch4u003Eアウトライン機能を使って効率よく編集u003C/h4u003E","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"post":"","type":"memo"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38416","time":"2013-08-22 09:32:12","post":" アウトライン機能を使うと、キーボート操作のみでリストの項目追加だけではなくスライドの追加も行うことができるのです。主な操作方法は下記の通りになっています。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38419","time":"2013-08-22 09:33:14","post":"u003Ciu003E・Enterキー→次の項目へ進むu003Cbru003E・Tabキー→項目レベルを下げるnu003Cbru003E・Shiftキー+Tabキー→項目のレベルを上げる、次のスライドを挿入nu003Cbru003E・Ctrl+Shift+Tabで、実際の表示に切り替えて確認できるnu003C/bru003Eu003C/bru003Eu003C/bru003Eu003C/iu003E","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38421","time":"2013-08-22 09:34:21","post":"u003Ch4u003Eプラスαの機能u003C/h4u003E","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"post":"","type":"memo"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38420","time":"2013-08-22 09:34:05","post":" クイックアクセスツールバーを使うと、使いたい機能をすぐに起動できるのでパワーポイントの作業を効率よくこなすことができます。例えばアニメーションの追加をよく使う方は登録しておくと、すぐにアニメーションの追加を行うことができるのです。クイックアクセスツールバーは画面の左上に表示されているツールバーで、ここによく使う機能を追加しておけます。そうすることで、必要な時にサッと使えるのでパワーポイントの使い勝手を向上できます。","order":"0","renote":"0","row":"0"},{"user_id":"1740224026","event_id":"1870","enabled":"1","id":"38425","time":"2013-08-22 09:40:37","post":"u003Cbru003Enu003Cbru003En スライドマスタとアウトライン機能を使うことで短い時間で見やすい資料を作成することができます。もし早急に資料が必要だったり、短い時間で資料を作成してしまいたいという方は、この機能を使ってみるのも良いでしょう。nu003C/bru003Eu003C/bru003E","order":"0","renote":"0","row":"0"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード