HOMEライフスタイル ツイッターを活用した新ヒットチャートが近々リリース

ツイッターを活用した新ヒットチャートが近々リリース

松岡由希子

2014/03/28(最終更新日:2014/03/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Flickr/David Evers

米音楽メディアのビルボード(Billboard)とツイッターは、2014年3月27日、新たなヒットチャート「Billboard Twitter Real-Time Chart(ビルボード・ツイッター・リアルタイムチャート)」の構築で提携したことを発表した。[netarika href="self"]ビルボードとツイッターが、ツイッターのデータを活用した新ヒットチャートで提携[/netarika]

ツイッターを活用した独自ヒットチャートを構築

音楽は、ツイッター上で話題にのぼりやすいテーマのひとつ。ファン・アーティスト・業界関係者らが、フラットにつながり、最新の情報をシェアし合ったり、音楽談義を楽しんでいる。

そこで、この新しいヒットチャートでは、音楽にまつわるツイッター上の会話をリアルタイムで追跡し、そのデータを活用して、今、話題となっている楽曲やアーティストを分析。

ビルボードのウェブサイトツイッターアカウントで、週数回程度、その結果を発表する。

つまり、ツイッター上のコミュニケーションが、Billboard Twitter Real-Time Chartとして可視化されるというわけだ。

それぞれの強みを活かした試み

長年、ビルボードのヒットチャートは、音楽の人気度を測る基準として定着し、音楽業界に大きな影響を与えてきた。

また、ソーシャルメディアにもいち早く対応し、フェイスブックのファンやツイッターのフォロワーの増加数、ページビュー、音楽再生回数などに基づく週間ランキング「Social 50」を2010年12月から運営している。

一方、ツイッターは、2億4100万もの月間アクティブユーザーをかかえ、一日に発信されるツイート数は5億件にのぼる。

Billboard Twitter Real-Time Chartは、ビルボードとツイッターのそれぞれの強みを活かし、アーティスト・音楽ファン・業界関係者らに、音楽の人気度を測る新たな基準を提示しようという試みだ。

この新しいランキング形式の正式リリースは数週間後とされているが、どのようなアーティスト・楽曲がランクインするかも含め、非常に興味深い。


hatenaはてブ