HOMEライフスタイル 完成すると虹色が浮かび上がる「5,000ピース、5,000色」のパズルが美しい

完成すると虹色が浮かび上がる「5,000ピース、5,000色」のパズルが美しい

広元 晶

2017/01/24(最終更新日:2017/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clemens Habicht

この時期、寒いし天気もアレだし…ということで、家で過ごすことも多くなるかもしれません。そんな時、美しい色をひとつひとつはめ込んでいくジグソーパズルはいかがでしょうか。

帯状の虹を作り上げる

デザイナやディレクターとして活躍するClemens Habichtさんがデザインしたこの虹色のパズルです。
Clemens Habicht

Clemens Habicht

ピースの数は5,000。第一弾は売り切れてしまうほどの人気で、制作中の第二弾の大きさは2m×70cmだそう。かなりやりがいがありそうですね。

「心を安らかに癒してくれる」

これまでに同様の1,000ピースのものはあったそうですが「こんなの簡単すぎる」というパズルファンの声にこたえて5000ピースを開発したとのこと。全てのピースは微妙に色が違い、もちろん形も違いますからぴたりと合うものは1つに対して1つ。
通常のジグソーパズルのように形を想像しながら組み合わせるのではなく、色の感覚で隣り合った色を探してつなげていくというこのパズル。「心を安らかにし、癒してくれる」とHabichtさんはいいます。

空の色の違いから着想

Habichtさんはこのパズルをデザインするきっかけについてこう語っています。
画像の粗いジグソーパズルなんかでは特に、空の色が青でも実に色々あって、そういう時、自分は出来上がる映像のイメージに頼らず色の感覚でピースを置いていくんだなと気づいたんです。そうやって組み上げる部分のほうが、画像のイメージを頼りに組み上げる部分よりずっと満足できた
公式サイトで3月中旬発送予定の商品のプレオーダーを受付中です。配送料など込みでアジア地域なら200オーストラリアドル(約1万7,000円)。いきなり5000ピースはちょっと…というかたには、1000ピースのほか100ピースのパズルもあります。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード