HOMEライフスタイル 寿司?ハンバーガー?冷やし中華?人気の「ジャーサラダ」が大変なことになっている模様

寿司?ハンバーガー?冷やし中華?人気の「ジャーサラダ」が大変なことになっている模様

広元 晶

2016/05/31(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

sobeautifullyraw / Instagram

ガラスのジャーに野菜などを詰める「ジャーサラダ」。数年前からニューヨークなどで流行し、日本でもここ1、2年で話題になっています。

 ヘルシーでカラフル

ヘルシーで見た目もキレイで持ち運びにも便利と人気。
shutterstock

shutterstock

オシャレなビンにドレッシングを入れ、切った野菜を彩りよく詰めていくだけという手軽さもいいですね。堅めの野菜を初めに入れるのがコツのようです。

中身もデザインも進化中

健康志向の人たちを中心に世界的なブームになっているこのサラダですが、今、どんどん進化を遂げているようです。まず中身ですが、野菜だけでなくご飯やパンが入っているものがトレンドになりつつあるとか。
neruさん(@neru43)が投稿した写真 -
日本では冷やし中華や蕎麦のジャーサラダも登場しています。

_yuさん(@r.r.od)が投稿した写真 -

kaoさん(@meru_222)が投稿した写真 -

また、その彩りもますますカラフルに。
シンプルなレシピだけに、いろいろ工夫する楽しさがあるのかもしれません。

食中毒に注意

ただ、注意も必要。これから気温が高くなり、食中毒が心配されます。ジャーサラダは、冷蔵庫で3~5日もつと言われていますが、季節や保存状態によっては危険をはらんでいるそう。ジャーや道具を煮沸消毒する、野菜は水でていねいに洗ってきちんと水を切るなどして雑菌を取り除いておく必要があるそうです。

hatenaはてブ