HOMEライフスタイル 「兄弟」から「姉妹」に…手を携えて性別の問題を乗り越えた2人に支援の声多数

「兄弟」から「姉妹」に…手を携えて性別の問題を乗り越えた2人に支援の声多数

広元 晶

2016/05/24(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

jamieoherlihy / Instagram

心と体の性別に差を感じるトランスジェンダー。この悩みを一緒に克服し、幸せな日々を送っている2人のきょうだいが話題になっています。

人形遊びやドレスが好きで…

23歳のジェイミー(上)と20歳のクロエのオハーリー姉妹は、Instagramでも人気。
実は2人は幼少期を「男」として育ってきたそう。
しかしきれいなドレスを着たり、バービー人形で遊んだりするのが好きで、心と体の性別の違和感にさいなまれてきたといいます。しかしそれを周囲の人はおろか、互いにも口に出すことはないまま一人で悩んでいたとか。

昨夏にトランスジェンダーを告白

そんな中、ジェイミーは14歳のときにゲイであることをカミングアウト。クロエも2年後、13歳のときにやはりゲイであることをカミングアウトしました。
しかしトランスジェンダーであることをお互いに告白したのは、昨年の8月だったそう。「クロエがすごく女らしくてゴージャスだから、“もしかしてトランスジェンダー?”って聞いたの。そしたら“多分そう”って答えが。それで私も“自分も同じだと思う”って打ち明けた」とジェイミー。
その後、2人は話し合い、家族や友達にもトランスジェンダーであることを明かしたそうです。クロエは「お互いの存在があることはすごく大きい。相手の気持ちがはっきりわかるから」と語ります。

「2人ともそういうふうに生まれついただけ」

今、ジェイミーはそのままの名前でバーテンダーの仕事をし、クロエは以前の「ダニエル」という名前を「クロエ」に変えてヘアメイクの学校に通っています。「…私たちは、自分の人生をどう生きるのか選ぶことができるってことを忘れがち…私は自分に合った体に生まれてこなかったから修正することを選んだの。愛のために生きて、人生を愛しましょう!…」ジェイミーは「互いに影響したわけではなく、2人ともそういうふうに生まれついただけじゃないかな。でも2人で同じ道を行けるのは最高だと思う。クロエは一番のサポーターだし、一緒にいられるのは2人にとってすごく助かる」と言います。

母親も協力的

母親もとても協力的だそう。「息子を失ったという感じはないと思う。だって2人とも同じ人間だし、前よりずっと幸せだから」とジェイミー。
2人はこれから女性ホルモンの投与や性転換手術を考えているそうです。ネットでは「女性としての新しい自分を楽しんで!」「2人ともすごくキレイ」「頑張れ!お互いがいてよかったね」などサポートのコメントが多数寄せられています。

hatenaはてブ