HOMEライフスタイル サッカー・スペイン4部「CDパレンシア」の新ユニフォームが完全に「巨人」

サッカー・スペイン4部「CDパレンシア」の新ユニフォームが完全に「巨人」

広元 晶

2016/05/13(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

gusgeijo / Instagram

サッカーのスペイン4部リーグ「CDパレンシア」が発表した新ユニフォームが話題になっている。

全身の筋肉をデザイン

全身の筋肉をデザインにしたこのユニフォームだ。「進撃の巨人」を彷彿させるこのデザインについて、同クラブではコンセプトを「Nos Dejamos La Piel Y Damos El Corazón!(肌を引き裂いて心臓を見せるぜ!)」と説明している。

3部昇格をサポート

現在、CDパレンシアは3部リーグ昇格をかけたプレイオフに臨んでおり、それを後押しするための新ユニフォームだとか。発表の様子はこちら。黒い幕の中から現れたのは…。スペインのプロサッカーリーグ「リーガエスパニョーラ」は、1部と2部をプロリーグとしてスペインサッカー協会が統括。その下の3部と4部はセミプロリーグで、スペインサッカー協会と地方協会とが共同で運営している。さらにアマチュアリーグの5部以下(地方により7部から9部まで)が存在する。スペインの下部リーグでは他にも生ハムやブロッコリーのユニフォームなどがデザインされてきたが、これはその中でもインパクト大。

ファンは「恐ろしい」

サッカーファンからは「こんな醜いユニフォームで来シーズンを戦うの?」「恐ろしい」「史上最悪」といったコメントが殺到。評判はともかく、話題にはなったようだ。

hatenaはてブ