HOMEライフスタイル 小腹がすいたときに…?ケンタッキーがフライドチキン味の「食べられる」マニキュアを開発

小腹がすいたときに…?ケンタッキーがフライドチキン味の「食べられる」マニキュアを開発

広元 晶

2016/05/06(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Kfc Hk / YouTube

フライドチキン味の「食べられるマニキュア」が開発された。

「指を舐めたいほど美味しい」

KFC(ケンタッキー・フライドチキン)は古くから「Finger Lickin' Good(指を舐めたいほど美味しい)」をキャッチコピーにしている。そのコンセプトを発展(?)させたのが今回のマニキュアだ。
Ogilvy Hong Kong

Ogilvy Hong Kong

香港KFC向けの限定生産だという。

自然由来の成分を使用

スパイスの開発を担当しているマコーミック社と協力し、11種類の秘伝のハーブとスパイスを混ぜて作り上げたそうだ。味は、人気の「オリジナル」と「ホット&スパイシー」。
KFC

KFC

KFC

KFC

自然由来の成分を使用している。

味以外は通常のマニキュアと同じ

通常のマニキュアと同じように塗って乾かせば準備完了。KFCによると「何度でも舐めたくなる」味だそうだ。コーティングなどの機能は一般的なマニキュアと同じだという。こちらがこのマニキュアのミュージックビデオ。https://www.youtube.com/watch?v=eZMtaHjTDS4今のところ限られた顧客向けだが、開発に携わったマーケティング会社Ogilvy Hong Kongは、「遠方の方まで様々なところからご要望をいただいており(人気によっては)数ヵ月後には大量生産で販売したい」としている。

hatenaはてブ