HOME特集 ポリフェノールでドロドロ血液とサヨウナラ。東大が画期的な研究結果を発表!

ポリフェノールでドロドロ血液とサヨウナラ。東大が画期的な研究結果を発表!

安濃直樹/the zoo

2014/06/02(最終更新日:2014/06/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

123RF

なんだかもう、万能の効果があるようにさえ感じてしまうが、ポリフェノールの摂取によってコレステロールの吸収を抑制することができるという発表が、東京大学の研究チームから発表された。

コレステロールと言えば、血液中に過剰にあふれると血液をドロドロの状態にして、ひいては心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうやっかいなもの(もちろん、脳の神経細胞をつくるなどの重要な成分でもあるのだが)。

体内のコレステロール量は、肝臓での合成と腸管での吸収によって調節されているのだが、今回の東大の発表により、その吸収量を抑えるための道筋が呈された格好になる。

ポリフェノールがコレステロールの吸収を阻害

ポリフェノールがコレステロールの吸収を抑制するという研究結果

詳しい解説は割愛&上図に委ねるが、簡単に言えば、ルテオリンとケルセチンというポリフェノールの一種が、腸管におけるコレステロールの吸収阻害に大きな役割を担っているとのこと。

コレステロールを含む負荷食をラットに与えるという実験においても、ルテオリンとケルセチンを投与したラットとそうでないラットでは、血中コレステロール濃度の違いに明確な差が見られたと言う。

タマネギ・りんご・シソが三種の神器?

ポリフェノールの効果に関しては、従来はその抗酸化作用について研究されてきた。「赤ワインを飲むと良い」というのはその最たる例だが、今回の研究結果は、「コレステロールの吸収の阻害」という新たな切り口によるもの。

この研究結果を受けて、健康食品メーカー各社が、また新たな商品開発合戦に突入するのだろうか。

商品化されるまで待てない!という方は、ルテオリンとケルセチンを多く含むと言われているタマネギ、りんご、シソを積極的に召し上がれ。[netarika href="self"]「IRORIO」でこの記事の完全版を読む[/netarika]


hatenaはてブ