HOMEトレンドニュース JR九州と西鉄が連携へ。少子高齢化や自動運転の技術革新で「事業環境は転換期」と判断

JR九州と西鉄が連携へ。少子高齢化や自動運転の技術革新で「事業環境は転換期」と判断

漆舘たくみ

2019/10/23(最終更新日:2019/10/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

博多駅=資料写真、出典元:Adobe Stock

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)と、大手私鉄の西日本鉄道株式会社(西鉄)は10月23日、輸送サービス面における連携について覚書を締結したと発表した。競争から将来的な地域の公共交通の維持へと転換する。

JR九州と西鉄がMaaS活用で具体的検討へ

ともに九州地方を拠点とし、長年ライバルとして競ってきた2社が手を結んだ。発表によると、少子高齢化やそれに伴う人口減少、環境問題、自動運転を筆頭とした移動分野の技術革新などを踏まえての判断。「輸送サービスにおける事業環境は、転換期を迎えている」として、「交通事業者はこれまでの事業のあり方に捉われない、大きな変革が求められている」と連携を決めた。
出典元:JR九州プレスリリース

出典元:JR九州プレスリリース

これからはMaaS(Mobility as a Service)を意識した事業を検討。具体的には、アプリの共同開発や運行情報の相互提供、乗り換え利用を促進する運行ダイヤの計画、ビッグデータを活用した新たなモビリティサービスの開発などを想定しており、随時発表していくという。今後は会社の枠を超えて利用者目線の「利便性の高い輸送サービスの実現」に取り組むとしている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード