HOMEトレンドニュース ベッドがない宿泊施設「泊まれるシアター」が両国にオープン!カフェや劇場機能で利用者の交流促す

ベッドがない宿泊施設「泊まれるシアター」が両国にオープン!カフェや劇場機能で利用者の交流促す

漆舘たくみ

2019/08/23(最終更新日:2019/08/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

東京・両国に8月23日、「泊まれるシアター」がコンセプトの宿泊施設「Theater Zzz」(シアターズィー)が開業した。蒼樹(ソーウッド)株式会社(東京都墨田区)が運営。あえて使い道を固定しない屋外劇場のような空間を設け、利用者同士の交流を促すホステルだ。

テントを張って寝袋で眠るホステル

「Theater Zzz」は、お茶・映画・旅の3つの要素をテーマに据え、それぞれの目的で訪れた利用者に新しい発見を与えるような体験の提供する。
Theater Zzz外観=2019年8月21日撮影

Theater Zzz外観=2019年8月21日撮影

ホステルではあるが個室やベッドはなく、宿泊者は広い空間にテントを張って寝袋で眠る斬新な設計だ。特注のテントは天井に吊り下げられており、宿泊人数に合わせて布をつなげることで簡単に拡張できる。
Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

元は印刷工場だったというこのスペースは、映画上映のほか、カフェのようにお茶を味わえたり、コワーキングスペースになったりなど多目的な場所として活用可能。遊休空間を設けることで時間的、空間的な有効活用を突き詰めた。足元には芝生のようなカーペット、天井には麦畑が広がり、まるでピクニックに出かけたかのような開放感や楽しさを体験できる場となっている。
Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

お茶は、自分の体調や気分に合わせてブレンドすることができるシステムで、味や香りの変化などお茶を深く知ることができる「創造型茶屋」を掲げる。夜間にはアルコール類も提供し、来店した地元客と宿泊客が交流できる場に変わるという。
Theater Zzz内の「CHASURU」=2019年8月21日撮影

Theater Zzz内の「CHASURU」=2019年8月21日撮影

目玉の映画上映では、音響設備に両国に拠点を置く大手音響メーカー「ONKYO」が協力し、7.1chの迫力充分な音を実現した。今後は海外の人と地元の人が一緒に映画を鑑賞し、上映後にお茶をしながら交流するといったイベントも予定する。
Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

Theater Zzz 出典元:蒼樹プレスリリース

人生を豊かにする舞台装置に

同社によると、両国を含む東京23区の東部地域(墨田区、台東区、江東区)は、浅草や上野といった江戸文化を象徴するスポットが点在し、国内外を問わず多くの観光客が集まるエリアとなっている。一方で、清澄白河をはじめ、海外の有名コーヒー店が出店したり新進のベンチャー企業が立地したりなどしており、「ローカルとグローバルが融合するエリア」として1号店の出店を決めた。実際、Theater Zzzの周辺には大相撲の両国国技館や江戸東京博物館があるほか、JR・都営大江戸線の両国駅があり、観光の拠点としても悪くない立地だ。21日に開かれた内覧会で、蒼樹代表で建築家の包怡萱(Yixuan Bao)CEOは、設計の基本的な考えについて「(利用者に)どういった空間ではなく、どういった時間を過ごしてほしいかで考えた。人生を豊かにする舞台装置にしていきたい」と語った。
出典元:蒼樹プレスリリース

包怡萱CEO 出典元:蒼樹プレスリリース

年内の週末は、映画鑑賞会や女子会などでほぼすべて予約が埋まっているという。2020年のオリンピック・パラリンピックを控え、東京都内ではコンセプトホテルが開業ラッシュを迎えているが、一般的なホテルとは一線を画した“適度なゆるさ”が選ばれる強みになりそうだ。【Theater Zzz】所在地:〒130-0011 東京都墨田区石原1丁目18−7 1階アクセス:都営地下鉄大江戸線の両国駅から徒歩4分、JR総武線の両国駅から徒歩11分、都営地下鉄浅草線の蔵前駅から徒歩12分テント数 :16テント(最大18名収容)公式HP https://theaterzzz.com
Theater Zzz=2019年8月21日撮影

Theater Zzz=2019年8月21日撮影


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード