HOME特集 ツイッターで繰り返される炎上と忘却…「みんなの忘れたニュースBOT」開発者の思い

ツイッターで繰り返される炎上と忘却…「みんなの忘れたニュースBOT」開発者の思い

漆舘たくみ

2019/05/10(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像/Adobe Stock

先月、どんなニュースがあったかを覚えていますか。Twitterで話題になった言葉を、時間をおいて再投稿するアカウントが注目を集めています。

急激に増え、すぐに消えた語句

日々、膨大な情報が交わされる短文投稿型SNS「Twitter」。Twitter JAPANの公表資料によると、日本国内のアクティブ利用者数は4,500万人(2017年10月時点)にものぼります。時に特定の話題について加速度的に非難が集中する、いわゆる「炎上」状態が発生することも珍しくありません。匿名・顕名を問わず、数え切れないほどの意見が利用者から発信されます。このほど開設された「みんなの忘れたニュースBOT」(@wasureta_news)は、Twitterで話題になった言葉を忘れられたころに再び投稿するアカウントです。
みんなの忘れたニュースbot

みんなの忘れたニュースBOT

Twitterで急激に出現回数が増えて「トレンド」になった語句のうち、ネガティブかつ急に話題になり、すぐに消えた話題を自動で識別、30~40日間を目安に出現回数を示したグラフとともに再投稿します。投稿文にあるリンクをクリックすると、その語句について、盛り上がった当時の検索結果を表示できます。

炎上に加わる前に一呼吸を置いてほしい

つくったのは、ソフトウェアエンジニアの河本健さん。システムは、ゴールデンウィーク中に数日ほどで組み上げたといいます。制作の経緯について、次のように語ります。
SNSで炎上ネタに突入する前に、一呼吸置く人間が少しでも増えてほしいと思って作りました。最近、特にTwitterで炎上のサイクルが短くなっているように感じています。話題の中身を深く知ろうとせずに(場合によっては事実が確定するのも待たずに)、叩きやすい相手を叩いて気持ちよくなって忘れ、また別の炎上ネタに飛びつく様が目につくようになりました。このサイクルの速さを可視化し、定期的に目につくようにすれば、新たな炎上ネタを見たときに本当に自分が一言を言うべき話題なのかどうか、少し考えるクセが生まれるのではないかと思って作りました。炎上ネタを単に再浮上させて再発火する、ということが起きにくいように、全体(文章など)を構成することに苦心しました。(河本さん)
河本さんは「建設的に怒るためのきっかけ」になってほしいとも話します。

“炎上”の消費に疑問

アカウントは5月5日に投稿を始めてから、わずか5日間ほどで約3万4,000フォロワーを集めており、注目度の高さがうかがえます。
今フォローしている方は、炎上がコンテンツとして消費される現状に問題意識を抱えている方が多いと思います。実際に炎上に加担している方々とどれぐらい今のフォロワーが被っているかは不明ですが、そういった方々にもデータをもっと見てもらいたいです。(河本さん)
自分が怒りに任せて炎上に油を注ぐだけの投稿をしていないか、今一度、見直したいものです。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード