HOMEトレンドニュース 誰だ、このイケメンは…突如現れた「リアム・ニクロ」とは

誰だ、このイケメンは…突如現れた「リアム・ニクロ」とは

漆舘たくみ

2019/04/21(最終更新日:2019/04/21)


このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

浅黒い肌が似合うイケメンが、SNSでじわじわと話題になっている。

日米ハーフのマルチプロデューサー?

3月下旬に突如として姿を現したこの色男の名は、「Liam Nikuro(リアム・ニクロ)」。公式プロフィールによると、身長180センチ、体重は72キロと背の高い細身。アメリカ人の父と日本人の母を持つミックスで、現在は「マルチプロデューサー」として活躍する。東京のおしゃれタウン・中目黒のカフェに通う一方、一風堂のラーメンも好きという親しみやすさを併せ持つ。
リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

なんだなんだ、また女性がきゃーきゃー騒ぐようなイケメン様のご登場か。「朝は眠い」とかつぶやくだけで1000いいね!をもらっちゃうような人生イージーモード君か。いけすかねぇ野郎だ。嫉妬の念にもだえそうになったそこの貴殿、まあ、ちょっと安心してほしい。彼は、実在しないコンピューターグラフィックスである。
リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

日本初の男性3DCGバーチャルインフルエンサー

リアムは、3DCGバーチャルインフルエンサーだ。精巧な3DCGの顔と実写の身体を合成して制作されており、仮想人材を企画・開発する新興企業「1SEC」(ワンセック、東京都目黒区)が生み出した。同社によると、男性の3DCGバーチャルインフルエンサーは日本初という。「3DCG」とは、3次元コンピューターグラフィックスの略。コンピュータ上で、3次元の仮想的な立体物を平面上に投影し、奥行き感のある画像をつくっている。いわゆる「不気味の谷」を超越した、本当にいるように見える技術力には驚くばかりだ。
リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

リアム・ニクロ 出典元:1SECプレスリリース

現在、TwitterInstagramに公式アカウントを持ち、コメント欄には「めちゃくちゃかっこよすぎて、、、!」「ほんとにバーチャル?すっごくリアル過ぎて」「バーチャルなんて思えない」と驚きの声が投稿されている。フォロワー総数は7000人を超えて、SNS上で徐々にファンを獲得しつつある。
View this post on Instagram

Todays outfit. I Love Pink🙌🏾 今日はPinkな気分✔︎ニヤリ😏 #あいあむバーチャル Tops / #jerzees Pants / #rhude

Liam Nikuroさん(@liam_nikuro)がシェアした投稿 -

今後は音楽やファッション、エンターテインメントの分野で、設定通り「プロデューサー」として活動する予定。AI(人口知能)を使った新たな創作活動も視野にも挑戦していくという。彼自身の話題性もさることながら、技術的な進化からも目が離せない。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード