HOME特集 女優・馬場ふみかが日本酒片手に地元・新潟愛を語る【前編】

女優・馬場ふみかが日本酒片手に地元・新潟愛を語る【前編】

漆舘たくみ

2017/07/16(最終更新日:2018/10/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

全国的に活躍する有名人の方々に、ふるさと愛を熱く語ってもらうIRORIOの新連載「タレント観光協会」。第1回はモデル・女優として輝く馬場ふみかさん。新潟市出身の22歳です。新潟に住んだ経験がある筆者に、馬場さんが大好きな地元について日本酒を前にたっぷり語ってもらいます!
馬場さんのデビューのきっかけは、14歳の時に地元発祥のファッションフリーペーパー「新潟美少女図鑑」(※1)へのスカウト。上京して人気モデルとなった現在でもよく帰省しており、2月には同市主催の若者向けトークショーに登壇しました。―この間も里帰りされていたそうで。やはり地元は落ち着きますか。馬場:そうですね。好きなご飯屋さんもありますし。あと、めいっ子が生まれて!今は5カ月なんですけど、ちょうど休みがあったので帰りました。―友達とも会えましたか。馬場:新潟美少女図鑑で一緒に同じ時期にモデルをやっていた子たちと会いました。図鑑を発行している会社がバーもやってて、そこで今新潟で頑張っている2人と、3人で話しながらゆっくり飲みました。【※1 新潟美少女図鑑】地方都市を舞台に、地元の女性をモデルにした身近なファッションスナップで大人気を得たフリーペーパー。2002年に新潟市で始まり、一時は東京都を除く46道府県で発行されていた。女優・二階堂ふみさんも沖縄美少女図鑑からデビュー。-公式SNSでよく地元について語っています。地元を積極的にアピールしようと?馬場:うーん、特にそういうわけではないんです(笑)素直に新潟が好きですし、ごく自然に投稿してるって感じですね!

古町の落ち着いた雰囲気が好き

-地元の好きな場所を教えてください。馬場:うーん、どこだろう……関屋浜(※2)かな!以前住んでいた家が、それこそマリンピア(新潟市水族館)に近かったので、その目の前の海がすごく好きで高校生の時もよく行ってました。あと、今でも古町(※3)はすごく好きです!古着屋さんもいっぱいあって、おしゃれな女の子が歩いていたりして。最近は万代(ばんだい、※4)のほうが栄えていますし、たぶん昔ほど活気はないんでしょうけど、あの落ち着いた雰囲気がすごく好きです。【※2 関屋浜(西海岸公園)】新潟市中央区の海沿いの砂丘地帯の通称で、海水浴場や水族館などがある。中心部に近く、学生でも気軽に遊びに行ける。関東でいう湘南のイメージ。
関屋浜海水浴場 出典元:新潟市観光コンベンション協会

関屋浜海水浴場 出典元:新潟市観光コンベンション協会

【※3 古町】市中心部に古くからある商店街。JR新潟駅から徒歩20分ほど。東京でいう吉祥寺。【※4 万代シテイ】古町と新潟駅の中間にある商業ビルが並ぶ地域。同駅から徒歩10分ほど。若者向けの店が多く、アイドルグループの劇場もある。東京でいう原宿。
古町から万代シテイへの大通り 出典元:新潟市観光コンベンション協会

古町から万代シテイに向かう大通り 出典元:新潟市観光コンベンション協会

おしゃれな人たちがいっぱいいる

-離れてみて分かる新潟の良さはありますか。馬場:すごく、みんな東京とは違う意味で自由というか(笑)ゆっくりしていて、せかせかしていないです。-いわゆる沖縄の「自分時間」みたいな?馬場:やっぱり新潟もそういう感じがあるんじゃないかな~。あと、ファッションとか美容関係のお仕事をされている方たちに、イケている人たちが多くて!田舎だからそういうイメージがないかもしれないですけど、新潟でも東京に負けないくらい刺激的な人がたくさんいます。実際、2時間で東京に行けちゃうのですごく近いんです。おしゃれな人たちがいっぱいいるんですよ、新潟は!(笑)-新潟でおしゃれだと感じるのはどんな時ですか。馬場:中学生ぐらいからお世話になっている美容院の美容師さんたちが、本当におしゃれですね。セレクトショップもやっているんですけど、私が好きなブランドもいっぱい置いてあったり、関わっている人たちが皆カッコよく生きているなって。ファッションもそうだし、仕事に対する意識とか人として尊敬できます。新潟も東京も関係なく、周りに尊敬できるお兄さんお姉さんたちはいっぱいいますね!中学生ぐらいの時に知り合った方々は、未だにずっと応援してくれています。帰省すると「あれ見たよ」とか「身体は大丈夫?」とか、皆さん声を掛けてくれます。-おしゃれな上に「新潟美人」という言葉があります。実感するような場面はありますか?馬場:言いますよねー(笑)やっぱり、みんな色白ですよ。曇っている日が多いから、色が白くてかわいい子がいっぱいいるんじゃないかなって。全国の美少女図鑑の発祥が、新潟なのはそういうことなのかなって!自分は結構すぐに焼けるので特に白いと思わないんですけど、友達には白くてかわいい子が多いなって思います。-さらに「新潟で杉と男は育たない」(※5)という言い伝えがあるほど新潟の女性はしっかり者と言われます。思い当たる場面はありますか?馬場:どうなんですかね?強い女の子が多いとは思いますけど(笑)あ、でも、東京でもあんまり変わらないかも?【※5 新潟で杉と男は育たない】気候面で育ちにくい杉と重ねて、男が腑抜けになるほど新潟の女性はしっかりしていて魅力的という言い伝え。離婚率が低いことが根拠とされる。▶後編につづく女優・馬場ふみかが日本酒片手に地元・新潟愛を語る【後編】
【馬場ふみか】2014年に映画「パズル」で女優デビュー。 ノンノ専属モデル(集英社)。フジテレビ系7月スタート「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命」、7月22日公開の映画「お前はまだグンマを知らない」に出演。Twitter:@fuuumika_bInstagram@fumika_baba新潟県】人口約289万人(第15位)。面積約1万2584平方キロメートル(第5位)。米の産出額、1人あたりの清酒消費量、チューリップの産出額などで全国1位。海水浴場数は全国3位(63カ所)。【撮影協力】居酒屋「しょうみん」所在地:東京都港区西麻布4-22-8 麻布ポイントビル1F営業時間:月~土、祝日の前日: 18:00~翌1:00 祝日: 18:00~23:00定休日:日曜日【撮影】撮影:金 壮龍/ヘアメイク:八戸亜季子/スタイリング:小笠原吉恵【衣装】ドレス、トップスともにYOHEI OHNO/ピアス、バングルともにsomnium/リング(五本セット)、パンプスともにAMBIENT
【タレント観光協会】過去のインタビュー第2回:はなわ(佐賀県)−「14年前は佐賀に迷惑かけた」自虐少なめで語る地元愛はなわさんとご家族 出典元:はなわさん公式ブログ第3回:スザンヌ(熊本県)−熊本地震で「ガッツがある県民性と分かった」第4回:シソンヌじろう(青森県)−「津軽弁、絶対に話すもんかと」地元愛とコンプレックス第5回:ウーマンラッシュアワー村本大輔−「押し付けられても郷土愛は生まれない」村本流街おこし論村本大輔さん 撮影:井上依子

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード