HOME特集 見るだけで楽しい!地方自治体の観光ポスターコンクールでWEB投票を受付中

見るだけで楽しい!地方自治体の観光ポスターコンクールでWEB投票を受付中

漆舘たくみ

2017/04/09(最終更新日:2017/04/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

出典元:日本観光振興協会

日本観光振興協会(東京都港区)が4月3日から、特設サイトで第65回全国観光ポスターコンクールのWEB投票を受け付けている。限られたスペースで工夫を凝らしたポスターの数々は、眺めているだけで旅情をかき立てる。▼熊本市「新しく生きよう。NEO ONE KUMAMOTO」
熊本市「新しく生きよう。NEO ONE KUMAMOTO」出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

惹きつけられる作品を選んで。

コンクールは観光文化を盛り上げようと、自治体や地域団体などが制作したポスターを対象に行われている。国土交通大臣賞や観光庁長官賞などを選出しており、数年前からは消費者の目線を反映するため「オンライン投票部門」を設け、順位を出している。WEB投票は5月1日(月)正午まで。ひとり3点まで投票可能だ。今回は2016年の作品が対象で、同協会によると応募総数は231作品。うち50作品が1次審査を突破した。▼福井県「FUKUI HAPPINESS」
福井県「FUKUI HAPPINESS」(大野市)出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

特設サイトでは、「ここに行ってみたい!」「とても魅力がある」「惹きつけられる」と感じた作品を選んでほしいとしている。

直球勝負から時間旅行まで

柔らかいイラスト、幻想的な風景、力強いメッセージ……筆者の独断と偏見で一部の作品を紹介したい。まずは、言葉遊びから。▼北海道江差町「エエ町、江差。」出典元:日本観光振興協会ド直球。▼福島県「来て」
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

こちらもシンプル。▼久留米観光コンベンション国際交流協会「COOL KURUME」(福岡県久留米市)
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

同じく食べ物を推していくスタイル。▼愛知県・東三河広域連合「だから、ホントの旅になる。」
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

かき氷を食べたら温泉に?▼大分県「ゆけ!シンフロ部!」
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

「むこう市」と読みます。このポスターで知りました。▼京都府向日市「むこう、むこう。」
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

漫画とコラボし、さらに過去へ。▼JRグループ「青森・函館ディスティネーションキャンペーン」(青森市)
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

どんな時代でも元気なのはいいことだ!▼おんせん県観光誘致協議会「震災復興『GO! Oita おおいたへ行こう!』」(大分県別府市)
出典元:日本観光振興協会

出典元:日本観光振興協会

応募者には豪華景品も

同協会によると、最終審査では「キャッチコピーや生活者への訴求力、デザイン性など総合的に判断」するそうだ。オンライン投票の結果は最終審査前に審査員に示され、判断材料のひとつとなる。なお、昨年の結果はこちらのページ(https://www.kankou-poster.com/64vote_result.html)から閲覧できる。▼2016年のオンライン部門1位:石川県の白山市観光連盟「白山市観光ポスター」
白山市

出典元:日本観光振興協会

今年は投票者のうち抽選で計3人に「三重県産松阪牛(まつさかうし)」「北海道産ズワイガニ」「山形県産さくらんぼ佐藤錦(さとうにしき)」が当たるほか、250人に500円分のクオカードが贈られる。ぜひゴールデンウィークの旅行先を考えながら、1票を投じてみては。※ポスター画像はすべてニュースサイトIRORIOが日本観光振興協会の許可を得て使用しています。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード