HOME特集 “高いわりに”球場メシのイメージ変えるか。塚田農場が神宮球場に出店

“高いわりに”球場メシのイメージ変えるか。塚田農場が神宮球場に出店

漆舘たくみ

2017/03/16(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

塚田農場スタンド店

野球観戦のお供といえば、ビールとおつまみだろう。しかし、場内の売店で買う食べ物について「高いわりに味は…」と考える人は少なくないのではないか。
明治神宮野球場(2017年3月15日撮影)

明治神宮野球場の正面口(2017年3月15日撮影)

塚田農場が球場出店

居酒屋「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニー(以下、APC)=東京都港区=のグループ会社で、宅食・弁当事業を行う「塚田農場プラス」が3月15日、東京ヤクルトスワローズの本拠地・明治神宮野球場(東京都港区)に、スタンド店を開いた。ヤクルトのホーム戦の際にビジター側外野席、14番ゲート近くで営業し、本格的な炭火焼きの焼き鳥で野球ファンをもてなす。
出店する位置 出典元:APカンパニープレスリリース

出店する位置 出典元:APCプレスリリース

同球場によると、売店の新規出店は5年ぶり。これまでありそうでなかった「大手居酒屋チェーンと野球場」が提携した現場を訪ねた。

ダクト新設し炭火焼き実現

APCによると、野球場で実際に炭で調理するメニューの提供は業界初の試みという。消防法に対応するため、売店スペース上部に専用の排気ダクトを新設するこだわりぶりだ。看板メニューのチキン南蛮は、居酒屋の塚田農場の品とまったく同じレシピ。タルタルソースも店内で仕込んでいる。
3月15日にオープンした塚田農場スタンド店

3月15日にオープンした塚田農場スタンド店

塚田農場プラスの森尾太一社長が狙いを語る。
球場を訪れる方は、そもそも場内の売店への期待が低い傾向があります。買う店を選ぶ時も席から近いから、早いからといった点が重視されがちです。ひと手間をかけて味にこだわることで、「塚田農場」を目的としたとお客様を増やしたいです。
塚田農場31時間ほどの取材中、実際に炎が上がる調理風景の珍しさもあってか、ゲームが始まっても客足が途絶える時間はほとんどなかった。さっそくチキン南蛮を購入した千葉県の男性介護士(28)は「塚田農場には以前から秋葉原店に好きでよく通っていた。球場の売店はどこも変わり映えしないと思っていたので、とてもうれしい」と話す。塚田農場2

球場用の限定メニューも

スタンド店で出す食べ物10種、飲料4種の中には立地を意識した限定メニューも用意した。軽くお腹を満たしたいという需要を見据え、居酒屋ではあまり出さないという、いわゆる“ご飯もの”の「鶏(とり)炭火焼丼」を開発。塚田農場7定番のフライドポテトは、自社養鶏場がある宮崎県の地元企業がつくるスパイス「マキシマム」味、サワーには同県産の日向夏味をそろえ、「宮崎らしさ」(森尾社長)で他店との差別化を図る。

「近隣店との相乗効果を」

今回出店した最大の理由は、「塚田農場」というブランドの客層拡大だ。休日に訪れるファミリー層に訴求することで、30~40代の男性が多い現状から、女性グループや家族連れへのブランドの浸透を目指す。主婦層の利用が多いという「塚田農場プラス」の駅・デパートでの弁当販売や宅食といった事業への波及も視野に入れる。
スタンド店の看板

スタンド店の看板

森尾社長は、今後は観戦チケットの半券により、渋谷駅周辺など近隣の塚田農場で特典を受けられるといったサービスも球団側と交渉を進めていると明かした。
試合終わりに、近隣店に来ていただけるような相乗効果を生みたいです。(スタンド店が)「塚田農場」という看板を知る入口になってほしい。ゆくゆくは「神宮の売店は美味しい」という評判を生んで球場全体を盛り上げたいです。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード