HOME特集 失恋相談もできる?乗るだけで思い出になるご当地タクシー4選

失恋相談もできる?乗るだけで思い出になるご当地タクシー4選

漆舘たくみ

2016/05/28(最終更新日:2016/05/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシーといえば、旅先での単なる交通手段と捉えられがちです。しかし、全国津々浦々には、工夫を凝らした乗るために旅したくなる個性的なタクシーが走っています。

餃子店の特徴を教えてくれるギョーザタクシー(宇都宮市)

名前の通り、「餃子」を屋根に乗せたタクシーです。5月21日から、宇都宮市の餃子を全国に発信しようと、同市の北斗交通が運行を始めました。可愛らしい餃子のイラストを描いた行灯(あんどん)からは、香ばしいにおいが漂ってきそうです。
ギョーザタクシーの行灯 提供:北斗交通

ギョーザタクシーの行灯 提供:北斗交通

10台が走り、運転手は市内の餃子店の特徴などについて、質問に答えてくれます。10回の乗車で、宇都宮餃子会の加盟店舗で使える500円分の餃子券がもらえるそうです。

地元民しか知らない名店へ案内するうどんタクシー(香川県琴平町)

餃子と同じく、でっかい丼に「うどん」の言葉をかたどった行灯がトレードマーク。社内の厳しい試験を突破した専任運転手が、地元民しか知らない名店をすいすいと案内してくれます。
うどんタクシーの行灯 提供:琴平バス

うどんタクシーの行灯 提供:琴平バス

予約制で、行き先は当日のお楽しみ!余計な時間を掛けずに本場のうどんを楽しめる、便利な観光タクシーです。
うどん全景と人物③2

うどんタクシーと専任運転手 提供:琴平バス

うどんタクシーは、2003年から琴平町の琴平バスが運行。同社は車体が「笠」をかぶった「お遍路タクシー」も運行しています。

世界にたった1台の金のフジタクシー(名古屋市)

黄金のしゃちほこが輝く名古屋城下を走るのは、世界にたった1台という幸せの金色タクシーです。
金のフジタクシー 提供:フジタクシーグループ

金のフジタクシー 提供:フジタクシーグループ

見かけると幸せになれるという都市伝説があり、SNS上でも日々、目撃や乗車が報告されています。https://twitter.com/JyUdq/status/730746822432428032車体のみならず、ドアの取っ手やハンドルのトヨタマークまで金メッキで覆うこだわりぶり。2007年に運行するフジタクシー(名古屋市)が創業50周年を記念し、製造しました。
金のフジタクシーと名古屋テレビ塔 提供:フジタクシーグループ

金のフジタクシーと名古屋テレビ塔 提供:フジタクシーグループ

利用すると、通し番号入りの金の「乗車之証」を記念にもらえます。通常料金で乗車できますが、慶事・婚礼を除いて予約は受け付けていません。同社のタクシーは500台以上が走っており、乗るには相当な強運が必要です。

失恋した傷心を癒してくれる失恋タクシー(京都市)

決して乗車したら破局するタクシーではありません。失恋した傷心を癒すため、京都の街を旅しながら女性運転手が相談に乗ってくれるサービスです。
提供:チェルカトラベル

外装には表示がない失恋タクシー 提供:チェルカトラベル

2011年から、女性向けプランを扱う旅行会社チェルカトラベル(京都市)が運行。女性限定の完全予約制サービスですが、開始5年目の現在も利用者が絶えません。これまでの目立つタクシーとは違い、外観だけでは失恋タクシーと分からない仕様になっています。以上、4つの個性的なタクシーですが、いずれのサービスにも共通するのは、「お客さまに元気になってほしい」という思いです。タクシーに乗ってから訪問先を決める旅も、きっと面白いでしょう!

hatenaはてブ