HOMEライフスタイル メイド喫茶発!金沢の非公認ゆるキャラ・マジシャン「りぃたくん」が大人気

メイド喫茶発!金沢の非公認ゆるキャラ・マジシャン「りぃたくん」が大人気

漆舘たくみ

2016/05/15(最終更新日:2016/05/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆるキャラ「りぃたくん」 提供:メイド喫茶りぃた

日本全国でご当地キャラクター「ゆるキャラ」が生まれる中、石川県金沢市で新たな人気者が誕生した。その名は「りぃたくん」。愛らしい顔に赤い蝶ネクタイと燕尾服をまとって、華麗なマジックを披露するメイド喫茶のマスコットである。非公認ながら市内のイベントでは引っ張りだこ。さらに福祉施設などへの慰問も行う頑張り屋だ。今回、りぃたくんが勤めるメイド喫茶「めいどりぃた」の代表・網伸一さんに話を伺った。
イベントで手品を披露するりぃたくん 提供:メイド喫茶りぃた

イベントで手品を披露するりぃたくん 提供:めいどりぃた

「立っているだけじゃ面白味がない」

りぃたくんは2014年1月、金沢市中心部にある北陸3県で唯一のメイド喫茶で「執事」として働き始めた。しかし、網さんが「立っているだけじゃ面白味がない」と考え、老若男女問わず親しめる手品を身に付けることになったという。
メイド喫茶の執事として生まれたりぃたくん

メイド喫茶では執事として働くりぃたくん 提供:めいどりぃた

「当時、喫茶店の調子が悪い中で苦肉の策で生まれた案」と網さん。りぃたくんの誕生日は9月29日で、まさに「くにく」生まれとなっている。

生まれた街を盛り上げたい

喫茶店の店内で活動していたりぃたくんだが、「生まれた金沢を盛り上げたい」という熱意があったという。店のある同市竪町の商店街を皮切りに、金沢駅や兼六園などへ活動範囲を広げ、観光客ら道行く人に本格的なパフォーマンスを披露し始めた。トランプやステッキを巧みに使いこなす多様な手品は行く先々で注目を集め、「手品ができるゆるキャラ」として知名度が向上、徐々に市内のイベントに呼ばれるようになったという。
人力車に乗るりぃたくん 提供:メイド喫茶りぃた

人力車に乗るりぃたくん 提供:めいどりぃた

4

子供とふれ合うりぃたくん 提供:めいどりぃた

地域に愛される非公認キャラ

喫茶店の公式ブログには、りぃたくんと市民が仲良く収まる写真がいくつも並び、地域に愛されている様子を伝える。最近は、幼稚園や障害者福祉施設などをボランティアで訪ね、人々に笑顔を届けている。
3 - コピー

子供たちにマジックを見せるりぃたくん 提供:めいどりぃた

網さんは「メイド喫茶のマスコットということで、いいイメージを持たれない時もある」と語る。しかし、「2015年の北陸新幹線開業が、金沢を盛り上げるスタート地点。りぃたくんと一緒に地元を盛り上げたいし、もっとボランティアにも力を入れたい」と意気込んだ。
福祉施設を訪問するりぃたくん 提供:メイド喫茶りぃた

福祉施設を慰問するりぃたくん 提供:めいどりぃた

ちなみに、器用に手品をこなすりぃたくんに「中の人」がいるのか尋ねてみた。「言えるわけないでしょう」と朗らかに笑いつつ、「有名になったせいか、最近、“正体”を勘づかれ始めていまして……」と明かしてくれた。店長、くれぐれもお疲れの出ませんように…!

hatenaはてブ