HOMEストーリー 父の葬儀でネクタイの締め方を知らない男性、親切な老紳士がやり方を教えてくれる

父の葬儀でネクタイの締め方を知らない男性、親切な老紳士がやり方を教えてくれる

さえきそうすけ

2019/10/03(最終更新日:2019/10/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Sherri Butcher/Facebook

9月にFacebookユーザーのブッチャー夫妻が、夫ケヴィンさんの父の葬儀に出席するため、服を選びに店を訪れたときのことだ。ケヴィンさんはネクタイを締めたことがなく途方に暮れていた。妻のシェリーさんもよく分からず困っていたところ、近くで買い物をしていた年配の紳士の姿が目に入った。

ネクタイの締め方を教えてくれた紳士

夫は思い切って声をかけ、締めたことのないネクタイをしなければならない理由を説明すると、その紳士はあきれもせず、さっそく夫の首にネクタイを巻き始めたという。そのときの様子がこちら。「絞め方をマスターするのに1日かかりますね」などと冗談を飛ばすケヴィンさんに対し、男性はいたって真面目な様子。何度か試してきれいに仕上がると、ゆっくりとケヴィンの頭からネクタイを引き抜いた。その後ケヴィンさんを抱きしめ、「お父様のことご愁傷さまです」と述べ、妻シェリーさんに「ご主人を支えてあげて下さい」と声をかけ立ち去った。男性の優しい言葉に、夫妻は涙をこらえながら店を後にしたという。
お名前も存じ上げませんが、彼の心からの笑顔を決して忘れません。夫を助けて下さってありがとうございました!

紳士の名前が判明→葬儀にも来てくれた

妻がこう締めくくった同投稿は拡散し、地元メディアでも取り上げられ、この紳士がハウエル・ハックラーさんであることが判明した。この話にはさらに続きがあり、数日後、ハウエルさんはケヴィンさんの父親の葬儀にも出席し、悲しみに暮れる夫妻を慰めたという。
ハウエルさんは本物の天使でした!
シェリーさんはこう綴っている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード