HOMEトレンドニュース AIが生成した「実在しない人の顔写真」10万枚がフリー素材として公開される

AIが生成した「実在しない人の顔写真」10万枚がフリー素材として公開される

さえきそうすけ

2019/09/25(最終更新日:2019/10/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

generated.photos

近年は肖像権の考え方が広く浸透し、実在する人物が判別できる写真の使用にはより注意を払うことが求められる。しかし、AIが創作したこちらの「実在しない人物」の画像ならば、ひとまずその心配はないだろう。

実在しない人の顔写真が10万枚

generated.photos」で公開中の顔写真は、その数なんと10万人分。だが、1人として実在する人物はいない。すべてAIが学習を基に創作した架空の顔画像で、著作権フリーで使用できる。同サイトには以下のような文言が。
AIの力を借り、次世代のメディアを構築。著作権や販売権、侵害の申し立ては間もなく過去の話となるでしょう。

私共の10万枚に及ぶ高品質な顔写真をご覧ください。

すべての画像は、日々進化を続ける私共のAIシステムが生み出したもの。

プレゼンの資料をはじめ、プロジェクトやモックアップなどにお役立てください。

使い方は簡単だ。Google Driveから閲覧、性別や年齢、目の色や肌の色、表情など細かい条件を絞りこみ必要な顔写真を探すことができる。

欲しい画像が見つかったらダウンロードするだけだ。

なお、著作権フリーではあるが、まだ「法的に未知の領域である」として、現時点では非営利目的のみの使用に限っている。営利目的は不可としているので注意したい。

【ガイドライン】Generated Photos Terms and Conditions(英語)

AIが生み出した、本物顔負けのクオリティーをぜひご自身の目でお確かめいただきたい。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード