HOMEストーリー 初めて1人旅をする耳の不自由な少女を感動させたCAのメモ

初めて1人旅をする耳の不自由な少女を感動させたCAのメモ

さえきそうすけ

2019/09/24(最終更新日:2019/09/24)


このエントリーをはてなブックマークに追加

bostonober@oberlynn13/Twitter

子供が初めて1人だけで飛行機に乗るとき相当緊張するに違いない。今回ご紹介する16歳のアシュリーさんの場合はなおさらだろう。

耳の不自由な少女が初めて1人で飛行機に

彼女は耳が不自由だ。実際に「飛行機に乗り遅れたり、乗り継ぎが上手くできなかったりしたらどうしようと不安で仕方なかった」と、彼女はWJLAの取材に対し答えている。しかしアシュリーさんの心配は、1人のキャビンアテンダントのおかげで杞憂に終わることになる。米ボルチモアからロチェスターに向かう彼女は、途中ジョン・F・ケネディ国際空港で飛行機を乗り継ぐことになっていた。彼女の不安に先回りするように、最初に乗ったボルチモア発のデルタ航空のCAが、離陸して間もなく手書きのメモを渡してくれたという。そのメモがこちら。

必要事項を記したメモ

母親が公開したメモには、現在のフライトに関する説明と安全事項が記されており、また「質問があればお気軽にお尋ねください」とも書いてあった。母はこのメモをTwitterで公開しこう綴っている。
デルタ航空のおかげで、耳の不自由な娘の初めての1人旅は素晴らしいものになりました。
アシュリーさんにとっては、この日初めて1人で社会に飛び出したに等しく、デビューに際しこのような温かい心遣いに触れどれほど救われたことだろう。同ツイートは複数の海外メディアでも取り上げられ、「素晴らしいCAだ」「デルタ航空の宝ですね」「研修で習ったとかいうのではなく彼女の真心なのでしょう」「世の中にはいい人がいるものだ」といった称賛のコメントが続出している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード