HOMEストーリー 劇場でミュージカルを鑑賞する介助犬たちのお行儀がよいと話題に

劇場でミュージカルを鑑賞する介助犬たちのお行儀がよいと話題に

さえきそうすけ

2019/08/19(最終更新日:2019/08/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Stratford Festival‏ @stratfest/Twitter

カナダ・オンタリオ州ストラトフォードの劇場では、ミュージカル「リトル・ダンサー」が上演されていた。このミュージカルを楽しだのは人間だけではなかった。8月半ば、訓練を兼ね複数の介助犬やセラピードッグが劇場を訪れたのだ。

介助犬がミュージカルを鑑賞

そのときの様子が同劇場のTwitterに投稿されている。
本日はワンとも愛らしいお客様がお見えに。介助犬の訓練施設の方々にリラックス・パフォーマンスをお楽しみいただきました。
投稿にあるとおり、この日の公演は自閉症やADHDなどの症状により、劇場での鑑賞に不安のある人のために、照明や音響を抑えるなど特別にアレンジされたリラックス・パフォーマンスだったという。訓練士と一緒に劇場を訪れた介助犬は、ご覧のとおり客席にお行儀よく並んで座り、静かにミュージカルを楽んだ。同投稿は複数の海外メディアでも取り上げられ、「かわいすぎる」「この場にいたらワンコたちから目が離せなりそう」「キュンキュンしちゃう」といったコメントが続出している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード