HOMEストーリー 飛行機が怖い96歳おばあさんを、隣り合わせた紳士が助ける

飛行機が怖い96歳おばあさんを、隣り合わせた紳士が助ける

さえきそうすけ

2019/08/11(最終更新日:2019/08/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Megan Ashley/Facebook

飛行機内で偶然隣り合わせた見知らぬ者同士の、心温まるエピソードについてお伝えしたい。米カリフォルニア州サンディエゴに住むメーガン・アシュリーさんが先月、サンディエゴからテネシー州ナッシュビルに向かう飛行機に乗ったときのことだ。

「飛行機が怖い」と話すおばあさん

通路を挟んだ向こう側の席には、「飛行機に乗るのは15年ぶり」と話す96歳のおばあさんが座っていた。家族に会うためカンザスシティに向かうとのことだったが、飛行機を怖がっていた。離陸の際には隣りに座る男性の腕をつかみ、飛行機が揺れる度に不安そうに彼の方に身を寄せた。メーガンさんはそのときの様子をFacebookに投稿している。

隣りの男性の神対応が光る

一方、非常に紳士的な男性は、おばあさんに腕をつかまれても嫌な顔ひとつせず、なぜ飛行機が揺れるのか丁寧に説明し、彼女が安心するよう努めていた。トイレに立つ彼女を優しく見守り、おばあさんが怖い思いをしないよう心を砕くなど、フライトの間ずっと彼女を気遣っていたという。
彼女にとってこの男性は機内で出会った天使に違いありません。
一部始終を見ていたメーガンさんが断言するだけあり、彼は飛行機を降りた後も、荷物を持ってあげておばあさんが車いすに乗るのを手伝った。娘とはぐれ途方に暮れていれば、再び娘さんが姿をあらわすまでずっと彼女に寄り添い、一緒に待っていたそうだ。
この男性の優しさが心にしみて涙がでました。
メーガンさんはこう綴っている。おばあさんもとても感謝しており、よくしてくれた男性に、機内で出されたお菓子を渡そうとしていたというから微笑ましいではないか。
会ったこともない人への彼の優しさと思いやりには頭が下がります。こんなに感動したフライトは生まれて初めてだわ。
こう締めくくられた同投稿には30万人が「いいね!」などし、シェアされた件数も7万6000件を超え話題に。一部の海外メディアでも取り上げられ、「素敵な話ですね」「おばあさんのご家族もお喜びでしょう」「本当に本当にいい人だ」「他人にも優しくしようと思いました」「こういう投稿は大歓迎です」といった称賛のコメントが続出している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード