HOMEストーリー ベテランパイロットが40年務めた会社を辞め、58歳で副操縦士から再スタートした理由

ベテランパイロットが40年務めた会社を辞め、58歳で副操縦士から再スタートした理由

さえきそうすけ

2019/07/27(最終更新日:2019/07/26)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Safia Anisa‏ @SafiaAnisa/Twitter

上の写真に写る男性は、パイロット歴40年の大ベテランだ。しかし、彼は現在、40年務めた航空会社を辞めて、マレーシアの格安航空会社エアアジアで新人の副操縦士として働いている。彼が58歳にして転職したのは、前の会社で不祥事を起こしたとか、リストラされたとかそんな理由ではない。この上なく嬉しそうにコックピットに座る様子を見れば、この転職に悲観的な要素は全くないことがうかがえる。

娘と一緒に空を飛びたい!

実はこの男性にはパイロットをしている2人の娘がおり、「定年になる前に娘と一緒に空を飛びたい」というのが夢だった。パイロットとしてマレーシア航空に勤めて40年。一方、2人の娘はエアアジアに就職したため、その後を追ってパパも退職、再就職したのだ。そして先日ついに夢が叶い、エアアジアで副操縦士として2人の娘と一緒にコックピットに。パパは誇らしげでまたとても嬉しそうだ。先のツイートには7万3000人が「いいね」し、リツイートされた件数も5万3000件を超え話題に。「お父さんって心配性だから(笑)」「素敵な親子関係」「お父様誇らしいでしょうね」「うちの父も車の運転の際は必ずついてくるし!」といったコメントが寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード