HOMEストーリー 生まれつき手のない赤ちゃんとサッカー選手のグータッチが微笑ましい

生まれつき手のない赤ちゃんとサッカー選手のグータッチが微笑ましい

さえきそうすけ

2019/07/25(最終更新日:2019/07/25)


このエントリーをはてなブックマークに追加

tiddbit_outta_hand/Instagram

1歳になるジョセフ・ティッド君には生まれつき左手の先がない。
この投稿をInstagramで見る

Joseph Tiddさん(@tiddbit_outta_hand)がシェアした投稿 -

先天性四肢欠損への理解を啓蒙するジョセフ君のInstagramは、5200人を超えるフォロアーを有し、障害に負けず日々明るく元気に暮らす彼の姿に多くの人が心を動かされている。特に最近、海外メディアで取り上げられるなど大きな注目を集めた写真があるのでご紹介したい。こちらである。
この投稿をInstagramで見る
Joseph Tiddさん(@tiddbit_outta_hand)がシェアした投稿 -

サッカー選手とグータッチ

ご覧のとおり、ジョセフ君は同じように手の先のない女子サッカーの選手と、拳と拳をつき合わせる、いわゆるグータッチを交わしている。2人ともはじけるような笑顔を浮かべて。彼女は米フロリダ州オーランドを本拠地とするプロサッカーチーム「オーランド・プライド」に所属する、カーソン・ピケット選手だ。
週末、夜更かししてサッカーの応援に行ったかいがありました。笑顔になれたのも二重あごになったのもピケット選手のおかげ。彼女はこれ以上ないお手本です。
こう綴られた同投稿には5600件を超える「いいね!」が付き、「この写真大好き」「とても心温まるシーンだ」「心から笑顔になれました」といった称賛のコメントが続出している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード