HOMEストーリー わたしは目、わたしは足。お互いの障害をカバーし合う最高のハイキング仲間

わたしは目、わたしは足。お互いの障害をカバーし合う最高のハイキング仲間

さえきそうすけ

2019/07/23(最終更新日:2019/07/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

hiking_with_sight/Instagram

共に米コロラド州フォート・コリンズに住む、Trevor Hahnさん(42)とMelanie Knechtさん(29)は最高のハイキング仲間だ。2人で一緒にコロラドの山々を訪れている。
この投稿をInstagramで見る

Trevor & Melanieさん(@hiking_with_sight)がシェアした投稿 -

互いの目となり足となり

ご覧のとおり、ハイキングの際はいつもTrevorさんがMelanieさんをおんぶして歩いているが、これにはもちろん理由がある。Melanieさんは生まれつきの脊髄の神経に関わる障害のため、車いすでの生活を余儀なくされている。一方、Trevorさんは緑内障のため5年前に失明した。Trevorさんが歩けないMelanieさんの足となり、そのかわり彼女は彼の目となり2人で山を歩いているいうわけだ。
この投稿をInstagramで見る
Trevor & Melanieさん(@hiking_with_sight)がシェアした投稿 -
ボクシングとロッククライミングのクラスで出会った2人は、共にアウトドアが好きと趣味が合い意気投合した。Melanieさんは、障害を抱えながらもヒマラヤ登頂に挑戦するほど健脚なTrevorさんの足を借り、一方TrevorさんはMelanieさんの目を借りて共に山を楽しむようになった。
この投稿をInstagramで見る

Trevor & Melanieさん(@hiking_with_sight)がシェアした投稿 -

「本格的な登山にもチャレンジしたい」という彼らが自然を満喫する様子はInstagramで公開されており、複数の海外メディアでも取り上げられるなど注目を集めている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード