HOMEストーリー 【奇跡】車の底に挟まった子猫、数十キロ離れた街で無傷で救出される

【奇跡】車の底に挟まった子猫、数十キロ離れた街で無傷で救出される

さえきそうすけ

2019/07/16(最終更新日:2019/07/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Midas of Frankfort/Facebook

先日、米ケンタッキー州フランクフォートの自動車修理工場に、1台のホンダ・アコードが持ち込まれた。依頼内容は車のサブフレームに子猫が挟まって出られなくなっているとのこと。

修理工らが救出

幸いにも子猫は生きていたが、危険な状況に変わりなくひどく怯えていた。修理工は地元の消防士に協力してもらいながら、子猫が挟まった部品を外していった。慎重な作業のおかげで子猫は無事に救出されたが、かなり動揺し弱っていたという。

35キロ離れた街からドライブしてきた

それもそのはず、ドライバーの話では子猫はレキシントンからこの街まで数時間、数十キロのドライブに付き合わされたとのこと。もちろん、この場所に挟まったままで…である。普通なら死んでいてもおかしくない非常に危険な状況で、子猫が無事だったのはまさに奇跡といえる。

新しい家族が決まる

その後更新された投稿によると、子猫は「健康である」と獣医師からお墨付きをもらい、生後9週程度であることもわかった。「マリーゴールド」と名付けられたニャンコは、信頼できる店の顧客に引き取られるという。マリーゴールドをめぐる奇跡は複数の海外メディアでも取り上げられ、驚きと安堵の声があがっている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード