HOMEストーリー 学校職員の一員としてアルバムに載った犬

学校職員の一員としてアルバムに載った犬

さえきそうすけ

2019/05/19(最終更新日:2019/05/17)


このエントリーをはてなブックマークに追加

grass-vaughan/reddit

障害のある人の手助けをするために特別な訓練を受けた介助犬。掲示板redditユーザー「grass-vaughan」さんが通う学校でも、介助犬のルーシーが活躍している。

スタッフとして年間アルバムに載る

ルーシーは学校で働く信頼できるスタッフの1人として、今年度のイヤーブック(年間アルバム)にもその顔写真が掲載された。https://www.reddit.com/r/aww/comments/bonvig/our_schools_service_dog_lucy_made_it_into_the/?ref=share&ref_source=link投稿者によると、ルーシーはかつてはてんかんの持病を持つ生徒のそばで、発作を知らせるために働いていたそうだが、現在では自閉症など、特別なケアが必要な生徒の気持ちを落ち着けるために一役買っているという。その他の生徒でも気持ちが不安定になったり不安を感じたりしたら、ルーシーに会いに行くことができるとか。ルーシーは生徒たちにとっていわば安定剤であり、癒しの役割を担っているため、「セラピードッグと呼ぶ方がふさわしい」との意見もある。いずれにせよ、彼女は欠くことのできないスタッフの1人として、食堂のおばちゃんらと共に学校の年間アルバムに掲載されている。校内で活躍するルーシーと、彼女を大切な仲間として扱う同校の粋な計らいに対し、同投稿は1万8000ポイント近くを獲得。「年間最優秀スタッフ賞」「うちの学校のアルバムにも犬が写っていないかよく見てみよう」「学校にワンコがいるんですね!」「アルバムを作った人が素敵」といったコメントが寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード