HOMEストーリー 「友達がいなくて寂しい」6歳の男の子からの通報に警察官が出動する

「友達がいなくて寂しい」6歳の男の子からの通報に警察官が出動する

さえきそうすけ

2019/05/08(最終更新日:2019/05/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

City of Tallahassee Police Department/Facebook

友達がおらず寂しい思いをしていた男の子に、救いの手を差し伸べた警察官をご紹介したい。先日、米フロリダ州タラハシーの警察署では、緊急を告げる911の通報電話を受けた。

「友達が欲しい」と男の子

相手は6歳の男の子。その切羽詰まった様子に、警察官のジョー・ホワイトさんは要請に応じて現場に向かった。待っていた男の子は「僕、友達がいなくて寂しいんだ」と話したという。続いて「僕と友達になってくれる?」と聞いてきた。

警察官と友達になる

ホワイト氏は911は緊急事態を告げる電話番号であることを伝えた上でこう答えた。「もちろん、君と友達になるよ」と。そのときの様子が同警察のFacebookに投稿されている。警官の新しい友達はパトカーを見せてもらったり、ぬいぐるみをプレゼントされたりして嬉しそう。
私どもタラハシー警察署に新しい友達ができました。
そんな言葉で締めくくられた同投稿は海外メディアでも取り上げられ、「男の子に優しくしてくれてありがとう」「こういう話をもっと聞きたい」「この子には今回の経験を足がかりにもっと友達を作ってほしい」「良いことしましたね」といった称賛のコメントが寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード