HOMEストーリー ゴールドマン・サックスの役員がUberの運転手をしている理由

ゴールドマン・サックスの役員がUberの運転手をしている理由

さえきそうすけ

2019/05/07(最終更新日:2019/05/07)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Xolisa Dyeshana‏ @XolisaDyeshana/Twitter

誰もが耳にしたことがあるに違いない、世界的な巨大金融グループの「ゴールドマン・サックス」。この会社の上級役員となれば、言わずと知れたエリート中のエリートである。そんな一流の金融マンと意外な場所で知り合った人物がいる。

Uberの運転手は超エリート

米ルイジアナ州にある広告代理店で、クリエーティブディレクターを務めるXolisa Dyeshana‏さんが、ニューオーリンズで配車サービス「Uber」を利用したときのことだ。Uberは乗客として利用できるのはもちろん、一般の人がドライバー登録することも可能で、空いた時間に自家用車を使用して収入を得ることができる。この日、Xolisaさんの依頼に応じてやってきたUber。車があまりにも立派で違和感を覚えたXolisaさんが尋ねると、運転手はゴールドマン・サックスで上級役員をしているドイツ人男性だという。一流企業で役員まで務めている人物がなぜドライバーに?誰もが思い浮かべるであろう疑問を、Xolisaさんは本人にぶつけてみた。

「英語上達への近道」が理由

ニューオーリンズに来て5年になるという彼はこう答えた。
私にとってはこれが英語を学ぶ最適な方法なのです。それに素敵な人たちとの出会いもありますしね。
そんな彼のたゆまぬ努力に対し1万5000人が「いいね」し、「勉強の機会はあちこちにありますね」「立派な人ね~」「だから役員にまでなれるのね」「私も頑張ろう!と思った」「素晴らしい」といった称賛のコメントが多数寄せられている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード