HOMEストーリー 私が観るまでアベンジャーズの話は禁止!教室に貼り出された先生から生徒へのお願い

私が観るまでアベンジャーズの話は禁止!教室に貼り出された先生から生徒へのお願い

さえきそうすけ

2019/04/28(最終更新日:2019/04/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Kamilious @kamiilious/Twitter

いよいよ映画「アベンジャーズ」シリーズの最新作かつ完結編である、『アベンジャーズ エンドゲーム』が公開され、日本でも大きな注目を集めている。完結編の公開を首を長~くして待っていたのは、本場アメリカのファンも同じだ。しかし、公開初日に映画館に直行したいと思っても諸事情でそれが叶わない人も多い。

すぐに映画を観に行かれない

Twitterユーザーの「Kamilious @kamiilious」さんが通う学校の先生もそんな1人。彼は弟とこの映画を観に行く約束をしており、本当はすぐにでも映画館に駆けつけたいところだが、あいにく弟が出張中のため楽しみはしばらくお預けだという。しかし大注目されている人気の映画なだけに、早々に映画館に足を運ぶ生徒も多いだろう。そして、翌日にはさっそく教室で、「観た?」「観た、観た!よかったよね~」「あのシーンがさあ…」などと大声で感想を言い合うに違いない。自分はまだ観ていないのに、あらすじやラストなんかを聞かされてしまったら楽しみが台無しである。そこで彼は先手を打ち、教室のドアにこんな「お願い」を貼り出した。

教室内でのネタバレ禁止!

うちの先生は貼り紙までして本気よ。
生徒の1人が公開した「お願い」の内容はおよそ以下のとおり。
弟が出張中のため、僕が『アベンジャーズ エンドゲーム』を観に行けるのは、どんなに早くても今度の水曜の夜になります。ですから、この貼り紙が撤去されるまでは、私のクラスでこの映画に関する話は厳禁とします。私がいかに同シリーズを愛しているか、皆さんご存知ですよね?少しでもネタバレするようなことがあれば容赦しませんよ。よろしく!
先生の熱い思いが伝わってくる同ツイートには、42万人が「いいね」し、リツイートされた件数も11万件に迫り話題に。「同感!」「当然です(笑)」「気持ちわかるわ」と人々の笑いを誘った。ちなみにこれは先生のユーモアあふれる冗談で、投稿者も「本当におもしろい先生なの。先生のこと悪く言わないでね」と釘を刺している。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード