HOMEストーリー 消防隊が火災現場から6匹のウサギを救助する

消防隊が火災現場から6匹のウサギを救助する

さえきそうすけ

2019/04/04(最終更新日:2019/04/04)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Cobb County Fire & Emergency Services/Facebook

米ジョージア州マリエッタの消防隊による、ある動物の救出劇についてお伝えしたい。先日、同州コブ郡消防署から出動した隊員らは、わずか3分で火災現場に到着。

炎に包まれるアパート

現場からの報告では、1棟のアパートが激しい炎に包まれていたという。消火用の水を確保した消防隊は、速やかに消火と住民の避難誘導にあたった。おかげで、周囲の建物に延焼する前に鎮圧。幸い怪我をした人もいなかった。

6匹のウサギが救出される

さらなる朗報として、この時6匹のウサギが無事に助け出されたことも明らかに。その時の様子が同署のFacebookに投稿されている。

 ご覧のとおり隊員はウサギを胸に抱き、ペット用の酸素マスクをあてている。

微笑ましい投稿には1600人が「いいね!」などリアクションし、「ウサギたちが無事でよかったわ」「ウサギを飼っている者としてお礼が言いたい」「可愛らしい!助けてもらってよかったね」といった称賛と安堵のコメントが多数寄せられている。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード