HOMEライフスタイル 公式も認めた可愛さ!ハリーポッターの魔法にかかる“優等生”のワンコ

公式も認めた可愛さ!ハリーポッターの魔法にかかる“優等生”のワンコ

さえきそうすけ

2019/01/10(最終更新日:2019/01/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Anna Brisbin@BrizzyVoices/Twitter

主人公が魔法学校でそのイロハを学びながら成長していく「ハリーポッター」シリーズ。ここに魔法をかけるのではなく、魔法に「かかる」ことを日々学んでいるワンコがいる。米ロスアンゼルスに住むユーチューバー、Anna Brisbinさんの愛犬である。彼女のワンコがいかに魔法にかかるのが上手であるか、Twitterで公開されているのでご覧いただきたい。
ドイツ語で愛犬のしつけ?スゴイスゴイ私はハリポタの呪文でしつけているわ。
主役はハリーポッター風の衣装に身を包んだミニチュアダックスの「Remus」。飼い主のAnnaさんは、杖を片手に次々にハリーポッターに登場する魔法をかけていく。Remusは「stupefy!(麻痺せよ)」という魔法をかけられれば寝転がって静止し、「Wingardium Leviosa!(浮遊せよ)」と言われれば軽くジャンプをする。その他、死の呪いである「Avada Kedavra」には死んだふり、「Ascendio(昇れ)」では階段をのぼり、「Descendo(落ちろ)」と言われれば、今のぼってきたばかりの段を降りる。他にも姿をあらわしたり、ボールや杖を持ってきたり、ドアを開けたり、エサを食べて太ろうとしたり、水を出す代わりにおしっこをしたり、混乱したり、放たれたり、ヘビになったりと大忙しだ。次々に魔法にかけられるも、それらを完璧にこなすRemusはまさに優等生。作者J・K・ローリングも協力する、ハリーポッターの世界を楽しむウェブサイト「ポッターモア(Pottermore)」にも公式にこう認められた。
グリフィンドッグに10ポイント!
先のツイートには22万人が「いいね」し、リツイートされた件数も7万8000件を超え話題に。「素晴らしい!」「スネイプ先生も褒めてくれるよ」「可愛すぎてメロメロに」「ホグワーツの生徒の中で一番キュート」と、多くの人を魅了してやまない。YouTubeでは、ロングバージョンが公開されている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード