HOMEライフスタイル 【任務完了】元大統領の棺に寄り添う介助犬が人々の涙を誘う

【任務完了】元大統領の棺に寄り添う介助犬が人々の涙を誘う

さえきそうすけ

2018/12/04(最終更新日:2020/01/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Jim McGrath‏ @jgm41/Twitter

第41代米国大統領を務めたジョージ・H・W・ブッシュ氏が、11月30日に94歳で亡くなった。10月7日には孫娘のバーバラ・ブッシュ氏の結婚式に出席し、門出を祝福したばかりだった。
View this post on Instagram

Poppy and Poppy! Magical memories of a beautiful night. 💫💫

jennabhagerさん(@jennabhager)がシェアした投稿 -

【関連記事】元アメリカ大統領の娘が超シンプルな結婚式を挙げる

棺に寄り添う介助犬の姿に涙

元大統領の棺に寄り添い眠る介助犬「サリー」の姿が、複数の海外メディアで取り上げられ、人々の涙を誘っている。きっかけとなったのはブッシュ元大統領のスポークスマンを務める、ジム・マグラス氏のこちらのツイートである。
ミッション・コンプリート(任務完了)
星条旗に包まれたブッシュ氏の棺のそばを離れず、その前で眠るサリーの姿がそこにはあった。KSAT.comが伝えところによると、サリーが元大統領の介助犬を務め始めたのは今年6月ごろから。以降、行動をともにする2人の姿が度々見られていた。
View this post on Instagram

Sully H.W. Bushさん(@sullyhwbush)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram
Sully H.W. Bushさん(@sullyhwbush)がシェアした投稿 -
ご主人の介助の任を全うしたサリー。先の投稿にある「任務完了」という言葉には、色々な意味が含まれるのだろう。同投稿には25万人が「いいね」し、リツイートされた件数も6万4000件を超えて注目を集めた。「まだご主人のお世話をしているみたい」「死が両者を分かつことはないようですね」「なんていいコなの」「心打たれる1枚だ」「まさに忠犬」と、多く人が胸を打たれている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード