HOMEストーリー いつも自転車をとめる子供のため駐輪スペースを確保した心優しいステッカー

いつも自転車をとめる子供のため駐輪スペースを確保した心優しいステッカー

さえきそうすけ

2018/09/28(最終更新日:2018/09/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Christie Dietz‏ @asausagehastwo/Twitter

街に整備された駐輪場だが、実は小さな子供用の自転車は車体が小さすぎたり、タイヤのサイズが合わなかったりして使いづらいケースは少なくない。理由は定かではないが、ドイツ・ヴィースバーデンに住むTwitterユーザーのChristie Dietzさんの息子は、この1年ほど、毎日決まった街灯に自転車を固定して駐輪していた。そんな彼を、どこかで誰かが見ていたのだろう。先日いつもとめる街灯に、ここが彼がよく使う駐輪スペースであることを示すステッカーが貼られていた。その様子がこちら。
息子がいつも自転車をとめている場所に、今朝ステッカーが貼られていました。おかげで朝から幸せな気分に。どこのどなたか存じませんが、ありがとうございます!
ステッカーにはパーキングを示す「P」の文字と、Christieさんの息子の自転車の写真、そしてその下には「限定」とある。これなら誰が見ても、ここがこの小さな自転車専用の駐輪スペースであるのは明らかだ。同ツイートには22万人が「いいね」し、リツイートも約5万回となり話題に。「何て素敵なエピソードでしょう」「息子さんも喜んだでしょうね」「本当にいい話」と、多くの人がほっこりとさせられている。※日本では、所有者に許可なく電柱や街灯に掲示物を貼ったり、公共の道路の一部を占用したりしてはいけません。器物損壊や道路法違反などの罪に問われる場合があります。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード