HOMEストーリー 見よ、このドヤ顔を!親のアカウントから3万円分のおもちゃを勝手に購入した女の子

見よ、このドヤ顔を!親のアカウントから3万円分のおもちゃを勝手に購入した女の子

さえきそうすけ

2018/08/16(最終更新日:2018/08/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

princess ria‏ @R_tatas/Twitter

たとえ家族であっても、それが愛する我が子であっても油断してはならない。ネットショッピングで使用するサイトのアカウントなどは、自分以外は簡単にアクセスできないよう、細心の注意を払う必要がある。そう痛感した母親がここにいる。米アリゾナ州スコッツデールに住むTwitterユーザー「princess ria@R_tatas」さんのいとこのママ、つまり投稿者のおばさんである。まずは、投稿者のいとこにあたる少女の、これでもかと言わんばかりの「ドヤ顔」をご覧いただこう。Amazonから届いた大量の荷物。その横で、少女が不敵な笑みを浮かべている。それもそのはず。投稿によると、この日届いたのは300ドル(およそ3万3000円)相当のおもちゃだそう。こんなに沢山おもちゃを買ってもらえるとは、なんて幸せな子供だろう!そう思ったあなたは甘い甘い。パパもママも娘におもちゃを買った覚えなどまったくなかった。すべては彼女自身が勝手に親のアカウントからAmazonにアクセスし、ポチポチッと欲しいおもちゃを次々にクリックして購入してしまったのだ。娘の戦利品が届き、母はすべてを知った。おまけに、この子はちゃっかり即日配達を頼んでいたという。先の投稿には7万人が「いいね」し、「だからこの表情になるわけね」「300ドルがパーとは…」「彼女はこの後、返品の仕方を学んだのでしょうか?」と人々の笑いを誘っている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード