HOMEストーリー 頑張って出してー!店のトイレでお腹を壊したパパを大声で励まし続けた女の子

頑張って出してー!店のトイレでお腹を壊したパパを大声で励まし続けた女の子

さえきそうすけ

2018/07/27(最終更新日:2018/07/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像:Fotolia

子供が生まれたら最後、パパやママには「プライバシー」というものがなくなってしまう。お風呂はもちろん、トイレだって1人で入るのが難しいこともしばしばだ。子育てに関するブロガーで、「I'm Sorry...Love, Your Husband」の著者であるクリント・エドワードさんも先日、それを実感した。家族で米オレゴン州を、車で長時間移動していた時のことだ。にわかにお腹に違和感を覚えたクリントパパは、やっと見つけたガソリンスタンドのトイレに駆け込んだ。この時にやむを得ず、4歳になる娘のアスペンちゃんを一緒に連れて行くことに。娘と一緒にトイレの個室にこもるや、冷や汗をかきながら腹痛と闘っていた。そんなパパを「応援しなきゃ!」と思ったのだろう。アスペンちゃんは手拍子を打ちながら、声を張り上げて励まし始めた。さながらチアリーダーのようだ。
パパ頑張れ、頑張れ!2つもウンチが出たねー。あっ、3つ出た!私は4つよー。やだ、パパ。クッサーい。
再度お断りしておくが、ここは自宅のトイレではない。ガソリンスタンドの客など、ひっきりなしに人が出たり入ったりする場所である。しかもこの時、隣りの個室には他の男性が入っていたという。この状況で、娘は応援と実況中継をしてくれたわけだ。
心強い声援だったよ。
と振り返るパパだったが、出したものの大きさや臭い、音にまで言及されては、さぞかし面食らったに違いない。自らもトイレトレーニング中のアスペンちゃんは、日頃トイレでパパやママに励まされたり、褒められたりしているだけに、その恩返しのつもりだったと思われる。
それが悪かったとは思わないけれど、立場が変わるとどうかと思うよ…
とパパ。隣りのトイレに入っていた男性を爆笑させたであろう、くだんのエピソードはFacebookにも投稿された。同投稿には1万4000人が「いいね!」などリアクションし、複数の海外メディアでも取り上げられて人々の笑いを誘っている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード