HOMEストーリー 君はもしや?散歩の途中で偶然生き別れた“兄弟”を見つけたワンコ

君はもしや?散歩の途中で偶然生き別れた“兄弟”を見つけたワンコ

さえきそうすけ

2018/05/24(最終更新日:2018/05/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Walela @itswalela/Twitter

もしやあなたは、昔生き別れた我が兄弟では?……なんて、ドラマや映画みたいな話が、ワンコの間で実際に起きたというのでご紹介したい。主役は、Twitterユーザー「Walela @itswalela」さんの愛犬「ルイ」(右)とその兄弟犬(左)。投稿によると、「Walela @itswalela」さんの家族は数年前に、ラブラドゥードルのルイをブリーダーから譲り受けたという。先日公園を散歩していた際、ルイは自分と同じラブラドゥードルの姿を目にするや、その場で固まり動かなくなってしまった。飼い主同士で話をすると、2匹は同じブリーダーのところで、同じ両親から生まれた「兄弟」であると判明。しかも、お互いに兄弟であることに気が付いた2匹の様子に、飼い主は感動を覚えたという。同ツイートには50万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も11万件を超え、「本当に?!スゴイね」「さすが!動物を甘く見てはいけません」「最高の遊び相手を見つけましたね」と話題に。ちなみに、「うちのコも、きょうだいに気が付いたようだ」というケースは他にもあった。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード