HOMEライフスタイル 【サンタフェ高校銃乱射】地元警察署長の「銃規制」を求める檄文に大反響

【サンタフェ高校銃乱射】地元警察署長の「銃規制」を求める檄文に大反響

さえきそうすけ

2018/05/22(最終更新日:2020/01/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像:Fotolia

これまで何度繰り返されてきただろう。先日アメリカの高校で再び銃乱射事件が発生した。現地時間5月18日午前8時ごろ、テキサス州にあるサンタフェ高校で、17歳の同校生徒による銃乱射事件が起きた。各社報道によると、同校生徒を含む10人が死亡、10人が負傷した大惨事である。こうした銃撃事件が起こるたびに、米国では銃規制の議論が高まるが、結局旧態依然としたままで悲劇が繰り返されている。これに業を煮やしたある人物がFacebookで声をあげ、複数の海外メディアで取り上げられるなど注目を集めた。投稿したのは地元テキサスで警察署長を務めるArt Acevedo氏。
またもや起きてしまった銃乱射事件。犠牲になった子供達と、事件に対応し負傷した警察官を思うと悲しみと憤りを禁じ得ません。
冒頭、こう綴られた投稿がこちら。
「我々には銃を所有する権利がある」と言いたいのはわかるけれど、いい加減「銃が悪いわけじゃない」といったたぐいの発言にはうんざりです。そんな投稿をするのであれば、こちらが「友達」をやめても文句は言わないでもらいたい。逆に私の「友達」をやめてもらってもまったく構いません。
…と、従来どおり、銃を所有する権利を繰り返す人々を一喝。
私は決して現状に甘んじるつもりはなく、信念を貫き神の思し召しを遂行すべく声をあげ続けます。「銃の所有は神から授けられた権利」などという戯言は信じない。今こそ、これまで行動を起こしてこなかった自らを反省すべき時です。特に、カメラの前でしかつめらしくコメントする、選挙で選ばれた人たちに対しては声を大にお願いしたい。
「この投稿から事態が前進することを願います」と締めくくられた同投稿には、3万8000人が「いいね!」などリアクションし、シェア数は約2万回と大きな支持を得ている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード