HOMEストーリー 愛猫とのインタビューに本気で臨んだ女の子が微笑ましい

愛猫とのインタビューに本気で臨んだ女の子が微笑ましい

さえきそうすけ

2017/12/11(最終更新日:2017/12/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Paul (father of the more famous Gabi) Duane‏@MrPaulDuane/Twitter

猫を飼っている人の中には、胸を張って「うちの猫は話ができる」と断言する人がいる。猫に縁がない者にとっては眉唾ものだが、愛猫と話ができると信じてやまない少女がここにも。アイルランドのダブリンに住むポール・デュアンさんの娘のギャビちゃんである。ギャビちゃんは愛猫ココとの会話に相当の自信があったのだろう。先日ココへのインタビューを本気で試みた。その結果がこちら。「ココへのインタビュー」と題されたレポートを参考に両者の会話を見ていこう。
私(ギャビちゃん):頭をなでてもいいですか?ココ:もちろんです!私:背中は?ココ:いいですよ。
当初和やかに行われていたインタビューだったが、ギャビちゃんの一言から雲行きが怪しくなる。
私:お腹はどうですか?ココ:決してお腹はなでないようにと言っているでしょう?私:足は?ココ:ダメ!私:しっぽは?ココ:絶対ダメ!私:お尻とか?ココ:あなたどうかしちゃったんじゃない?インタビューはもう終わりです!
とうとうココは怒りを爆発させインタビューは強制終了となった。同ツイートには17万件の「いいね」が付き、リツイートされた件数も6万1000件を超え話題に。複数の海外メディアでも取り上げられ、「ウケる」「なんて微笑ましい」「猫好きの典型(笑)」「心が通じ合っているのね」「面白すぎるインタビューだ」と人々の笑いを誘った。最後にインタビューの相手、愛猫のココをご紹介しておこう。こちらがギャビちゃんとの絶妙なやり取りを披露したココであった。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード