HOMEライフスタイル 二度見必至!中年おやじの「メタボ腹」になれるウエストポーチ

二度見必至!中年おやじの「メタボ腹」になれるウエストポーチ

さえきそうすけ

2017/09/20(最終更新日:2017/09/20)


このエントリーをはてなブックマークに追加

DADBAG

おむつやミルク、おやつやおもちゃなど、小さな子供を連れて外出する際に持ち歩くべく、利便性を考え抜かれた「マザーズバッグ」。マザーズバッグがあるなら、パパのためのバッグがあってもいいじゃない!…ということで、身も心も存分にパパであることを楽しめる専用のバッグをご紹介したい。その名も「Dadbag」。「dad bod(お父さん体型)」をモジったバッグである。

パパと言えば…

ズバリ「パパ」といえばこうであろう。タプンと突き出た見事なメタボ腹。こちらは運転席のお父さんによく見られるパターン。ただこの太鼓腹、多少違和感があることにお気付きだろうか?太鼓腹とは程遠い細身の男性の不自然に出っ張ったお腹。まさに取って付けたようである。実際取ったり付けたりできるのだ。

パパのメタボ腹をリアルに再現

これこそが、パパのメタボ腹をリアルに再現したバッグなのだから。ご覧のとおり、男性のお腹をプリントした、ジッパー付きのウエストポーチとなっている。ドラえもんのポケットではないが、色々なものが出てくる、出てくる…このバッグを考案したのは、英ロンドンで創作活動を行っているAlbert Pukiesさん。

お父さん体型に憧れ

この様なメタボ腹バッグを作った理由について、彼は「いわゆるお父さん体型に強い憧れを持っているから」とboredpandaに綴っている。しかし健康上の不安から、メタボに向けた生活習慣に踏み切れないのだそう。「だったら作ればいいじゃん!」と思い立ち、くだんのバッグを制作したという。

商品化を目指す

一言で「お父さんのお腹」と言っても人それぞれ。そこで色々な種類のお腹を用意した。黒人用から赤みがかったお腹、毛深さも様々、三段腹まである。ここまでは準備万端。現在商品化に向けパートナーを探しているという。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード