HOMEライフスタイル ファッション界に旋風を巻き起こす「アルビノの双子モデル」が美しい

ファッション界に旋風を巻き起こす「アルビノの双子モデル」が美しい

さえきそうすけ

2017/04/17(最終更新日:2017/04/17)


このエントリーをはてなブックマークに追加

lara_mara_sheila/Instagram

ファッション業界に新たな息吹をもたらし、一際目を引くモデルをご紹介したい。アフリカ人で、現在ブラジル・サンパウロに住むBawar家の双子の姉妹、LalaとMaraである。
上の2人がそうなのだが、ご覧のとおり透きとおるほどに白い。LalaとMaraは共に、白皮症(色素欠乏症、アルビノ)という、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患を患っている。そのため体毛や皮膚が白く、瞳孔が赤みがかっているのが特徴的だ。昨年、スイス出身でブラジル在住の写真家、Vinicius Terranova氏の目にとまり、LalaとMaraは、「Flores Raras(珍しい花)」という作品群で、姉のSheilaと一緒に3人でモデルをつとめた。その時の作品がこちら。
同氏が着目した、LalaとMaraのあるがままの美しさは、複数の海外メディアでも取り上げられ、以来大きな注目を集めるようになった。最近また一部の海外メディアで報じられたことで、改めて双子の姉妹に熱い視線が注がれている。Instagramのフォロアー数も約5万人にまでその数を伸ばし、公開されている写真にもそれぞれ数千件の「いいね!」が付いている。「息をのむほど美しい」「神々しい美しさ」と評判の双子の姿をご覧いただきたい。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード