HOMEライフスタイル 病と闘う愛犬を思い、その顔をプリントした靴下で試合に出るバスケットボール選手

病と闘う愛犬を思い、その顔をプリントした靴下で試合に出るバスケットボール選手

さえきそうすけ

2017/03/22(最終更新日:2017/03/22)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Casey Holdahl‏/Twitter

米男子プロバスケットボールNBAの試合で、ある選手が着用する靴下に大きな注目が集まっている。それは、ポートランド・トレイルブレイザーズに所属する、メイヤーズ・レナード選手の靴下である。

愛犬がプリントされた靴下

同選手はミルウォーキー・バックスとの試合の際、この様な靴下を履いていたのだ。ご覧のとおり、白い犬の顔がプリントされている。これは同選手が飼っているハスキー犬の「ベラ」で、彼は自身のTwitterやInstagramで、度々この愛犬の写真を公開してきた。
レナード選手の愛犬家ぶりは、ファンの間でも有名だそうだ。

病と闘う愛犬

しかし、OREGONLIVEが伝えるところによると、ベラはステージ3の腎不全と診断されており、獣医に通い治療を受けているという。数週間前にもこの様なツイートが。「僕のベイビーのために祈って下さい」すると、ベラへの応援メッセージを掲げるファンが現れた。「皆さんありがとう!ベラは強いからこれからも戦い続けるだろう!」

番記者が目撃

この様な状況の中で、くだんの靴下をはいてウォーミングアップをする同選手の姿を、チームの番記者が目撃しツイートしたのだ。「レナード選手は、ベラがプリントされた靴下でウォーミングアップ中」飼い主の思いを受け、ベラが元気になることを祈りたい。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード