HOMEライフスタイル 同じ境遇に意気投合…保護施設で出会った子ぶたと子猫の種を超えた友情にほっこり

同じ境遇に意気投合…保護施設で出会った子ぶたと子猫の種を超えた友情にほっこり

さえきそうすけ

2017/02/14(最終更新日:2017/02/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Laura y Matilda, amigas no comida/Facebook

今回はぜひ、子ぶたと子猫の種を超えた友情にホッコリとしていただきたい。子ぶたのローラは、今から約1年前、チリ・サンティアゴにある動物保護施設、「Santuario Igualdad Interespecie」に保護されてきた。それから数日後、同じ施設に1匹の子猫が保護された。それがマリーナである。ローラとマリーナは共に母親を亡くし、過酷な状況にいたところを救出されるという、似たような境遇を持つ。そのせいかすぐに意気投合し、心許せる同施設で成長を共にすることになった。2匹は文字どおりいつも一緒。寝る時だって仲良し一緒である。愛らしい2匹の姿はYouTubeでも公開されている。同動画が投稿されたのは約1年前だが、最近一部の海外メディアで取り上げられ、「なんて可愛いの」「キュン死しそう!」「見ているだけで笑顔になれるわ」「幸せそうですね」「いつまででも見ていたい」と、改めて人々の心をキュンキュンさせている。

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード