HOMEライフスタイル 「うちの子を助けて!」警察官にヒナの救助をお願いしたガチョウのママが賢すぎる!

「うちの子を助けて!」警察官にヒナの救助をお願いしたガチョウのママが賢すぎる!

さえきそうすけ

2016/05/12(最終更新日:2016/05/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

flickr_Canfield3

ガチョウのお母さんは、お巡りさんに「子どもを助けて」とお願いしました…。まるで童話かおとぎ話のようなことが本当に起きた。Local12.comが伝えるところによると、米オハイオ州シンシナティ警察に勤める、James Givens巡査部長は今週初め、ガチョウの母親から救助の要請を受けたという。

パトカーのドアをつつくガチョウ

何でも1羽のガチョウが、くちばしでパトカーのドアをつついてきたという。最初は「お腹でも空いているのだろう」と取り合わなかったが、何度もしつこくドアをつついてきたとか。そもそも通常、ガチョウが人間に近付いてくること自体が稀で、ガチョウはこちらの興味を引いては少し離れ、振り向くという行為を繰り返していた。

ひもに絡まり動けなくなったヒナ

同巡査部長がガチョウの跡をつけると、ヒナがひもに絡まって動けなくなっていた。それは、先日の母の日に放たれたとみられる風船のひもだったとか。動物虐待防止協会に連絡を取ったが、現場に急行できる専門家がいないと言われ、同巡査部長は、同行していた女性警察官にひもをほどくよう指示。「同じ子を持つ母がやった方が、ガチョウのママも安心するのでは」と思ったそうだ。

無事母のもとへ

案の定ガチョウのお母さんは、女性警察官がひもをほどく間、黙って見守っていた。
Facebook/James Givens

YouTube/James Givens

やがてひもが解かれ、ヒナは無事に母のもとへと帰された。
YouTube/James Givens

YouTube/James Givens

同巡査部長はこのときの様子を録画し公開している。https://www.youtube.com/watch?v=zzkxXckgI0k同動画の再生回数は30万回に迫る勢いで、くだんのエピソードは多くの海外メディアでも報じられた。「良かった!お巡りさんありがとう」「親切な警察官で良かったね」「あなたたちはガチョウの親子の恩人ですね」「素敵な話」といった警察官への称賛の声に加え、「動物は直感で良い人がわかるのだろう」「ガチョウのママ賢すぎ」「人間が思っている以上に動物は賢いのだ」「ガチョウも子どもためなら何でもやるのね」など、ガチョウのママへの感心の声も多く寄せられている。

hatenaはてブ