HOMEライフスタイル 【カナダ山火事】避難の際、機内への「ペット同伴」を許可した地元航空会社に称賛の声

【カナダ山火事】避難の際、機内への「ペット同伴」を許可した地元航空会社に称賛の声

さえきそうすけ

2016/05/11(最終更新日:2016/05/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter/Jen C

日本でも大々的に報じられている、カナダ西部アルバータ州で発生した大規模な山火事。同州北東部に位置するフォートマクマレーでは、8万人近い住民が避難を余儀なくされているという。

地元航空会社が協力を約束

そんな折、「避難の際にはお役に立ちたい」と早くから協力を約束していたのが、地元の航空会社であるウエストジェット航空
WestJet

WestJet

「私たちの心は皆さまと共にあります」その言葉どおり同航空会社は、被災した人々が感謝してもしきれぬ心意気を示した。

客室へのペット同伴を許可

The Dodoが伝えるところによると、同航空会社では通常許されない“ペット同伴”を許可。つまりペットをそばに置いたまま飛行機に乗ることが可能になったという。ペットを飛行機に乗せる際は、荷物同様、貨物室に置くのが普通だが、今回の避難に際しては、フライト中飼い主と一緒に客室で過ごすことができたのだ。

感謝の声が続出

「逃げるなら家族同然のペットも一緒に」と思う住民は多く、愛犬や愛猫との搭乗が許された人々からは、感謝のツイートや投稿が相次いでる。「ウエストジェットありがとう。この日は130人の乗客に猫が5匹、犬が19匹、カメが2匹!」「機内は避難してきた人や犬、猫、ウサギでいっぱい。あとアマガエルも」「カナディアンノースとウエストジェットでは、フォートマクマレーからの避難の際、キャビンへのペット同伴が可能」
「パスポートと“彼”だけ連れて避難。彼にとって初めてのバスと飛行機の旅は素晴らしいものでした」

別の航空会社でも同様のサービスが

ウエストジェット航空と同様に、カナディアンノース航空でも、避難の際ペットと一緒に搭乗できるという。「カナディアンノース素敵。機内は避難する人で満席」「猫のお客様にも正式なIDカードを!」「2本足のお客様と4本足のお客様のお役に立てて光栄です」

両社に寄せられる称賛の声

言わずもがなだが、両航空会社の温かい心遣いには称賛の声が殺到した。「カナディアンノースとウエストジェットよ、ありがとう!」「素晴らしい!」「両航空会社には脱帽」「惜しみない心遣いがしみる!!良くやった!!」尚、両社のくだんの取り組みは多くの海外メディアで取り上げられ、世界的に注目を集めている。

hatenaはてブ