HOMEライフスタイル お天道様は見ている!嵐で倒れた木の下から1000年前に殺害された男性の遺体見つかる

お天道様は見ている!嵐で倒れた木の下から1000年前に殺害された男性の遺体見つかる

さえきそうすけ

2015/09/16(最終更新日:2015/09/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook/Sligo-Leitrim Archaeological Services

アイルランドである殺人事件が発覚した。

といっても1000年も前に起きた事件が、今になって明るみに出たのだ。

嵐で大木なぎ倒される

場所はスライゴ州コルーニーという街。この冬、一帯を襲った嵐のせいで、樹齢200年以上を誇っていた大木が倒れるという被害が発生した。

その処理と調査にあたっていた、考古学のコンサルタント会社「Sligo-Leitrim Archaeological Services(SLAS)」はこの度、非常に興味深い発見があったとして、2枚の写真をフェイスブックに投稿している。

上にある写真がそのうちの1枚なのだが、ご覧のとおり、大木が根こそぎ倒れている。地面も大きくえぐれ、嵐の凄まじさを彷彿とさせる。

その下から白骨化した遺体を発見

肝心なのはここからだ。このえぐられた地面の下から、あろうことか白骨化した遺体が見つかった。

それがコチラ▼

同投稿によると、倒れた大木の根に絡まるようにして人骨が発見されたとか。

同社が掘削と骨の回収にあたったが、遺体は傷みがひどかったという。調査の結果、埋められていたのは17~20歳くらいの若い男性で、西暦1030~1200年頃の人物と推定される。

ナイフで刺された傷が多数

あばら骨や手に多数の傷があり、おそらくナイフで切りつけられたものとみられるとか。

但し、殺害され死体を隠すために埋められたわけではなく、正式なキリスト教様式で埋葬されており、下腿骨はきちんと墓の部分におさまっていたが、上半身の骨だけ木の根に絡め取られて、地表近くまで達したと考えられる。

個人的な恨みによる殺人なのか、はたまた戦いで死亡したのかは定かではないが、未だ詳しい調査が継続中。

1000年の時を超えての今回の発見に、「こういうミステリーはワクワクしちゃう」「悲しいけど、1000年後に事件が解決されるかもしれないなんて夢がある」「愛する女性をめぐる戦いか?なんて想像してしまうよ」と、多くの人が興味を掻き立てられているようだ。


hatenaはてブ