HOMEライフスタイル その差歴然!「大卒と高卒では失業率も年収も大きく違う」との米データ

その差歴然!「大卒と高卒では失業率も年収も大きく違う」との米データ

さえきそうすけ

2014/04/07(最終更新日:2014/04/09)


このエントリーをはてなブックマークに追加

flickr_NazarethCollege

良い仕事に就くなら、出世したいなら、大学ぐらいは出とかなきゃ…などと言うが、本当だろうか?

大卒と高卒ではキャリアにそんなに差が出るものだろうか?という素朴な疑問に米JPモルガン社が答え、その違いを明るみに出した。

以下のグラフをご覧いただこう。

 

失業率は常に高卒以下がトップ

左のグラフは学歴毎に失業率の推移を示したもので、失業率が高いものから順に中卒、高卒、大卒、大卒以上となっている。

景気の影響をもろに受けるのが失業率で、大卒や院卒にとっても厳しい時期があるにはあるが、相対的に見て中卒や高卒は常にトップを独占している。

院卒の年収は高卒のほぼ3倍

また右図は左から高卒(年収32,630ドル)、大卒(60,159ドル)、院卒(89,253ドル)と年収の違いをグラフにしたもので、その差は歴然。それぞれ30,000ドル近く、日本円で300万円ほどの開きがある。

やはり持つべきものは学位と言えそうだ…⁈[netarika href="self"]【他の記事を見る】その差歴然!「大卒と高卒では失業率も年収も大きく違う」との米データ[/netarika]


hatenaはてブ